04/29

2010

第81回京都中央メーデーに出席


第81回京都中央メーデーに出席京都府立植物園で開かれた、第81回京都中央メーデーに参加させていただきました。この日、朝は大雨でしたが、開会式が始まる前にはすばらしい快晴となりました。

メーデーの始まり

 メーデーは1886年5月1日に米国の労働者が8時間労働制を求めてゼネストに立ち上がったのを起源とします。

 当時、米国の労働者は低賃金と長時間労働に苦しめられ、労働時間の短縮は切実な要求でした。第1会国際メーデーは1890年にスタートしました。

 日本では1920年5月2日に東京上野講演で1万人余りが結集して開催されました。しかし、1935年の第16回以降、治安維持法下の弾圧によって、終戦まで開催されませんでした。そして、終戦後、メーデーが再び開催され、労働者の地位、労働条件の向上、権利拡大をはじめ、平和、人権、環境など国民的課題へと発展していきました。今ではその上に「働く者の祭典」として定着しています。(京都中央メーデー パンフレットより)