09/16

2016

新代表選出。テレビ出演のお知らせ


こんばんは。
昨日の民進党臨時党大会において代表選挙が行われ、蓮舫参議院議員が新代表に選出されました。

以前お伝えした通り、私自身は前原候補の推薦人になっていました。前原さんの党大会での演説を聞いて、「京都から政治を変える」と共にすすんできた歩みを思い浮かべました。
前原さん、玉木さんを交えた代表選は、とてもいい議論がなされ、改めて、民進党のめざしていく社会像、「All for All」の理念を打ち出すことができたと思います。

26日からは臨時国会が始まります。今日も、TPPや年金問題等について、関係省庁からのレクを行いました。
民進党の再出発、日本のために蓮舫新代表を先頭にがんばっていきたいと思います。

さて、テレビ出演のお知らせです。
今週末にテレビ出演します。
詳細は以下の通りです。お時間のある方はご覧ください。

◆読売テレビ系「そこまで言って委員会NP」
【日 時】 9月18日(日) 13:30~15:00
【テーマ】民進党大会~今の政府に物申す!
http://www.ytv.co.jp/iinkai/


09/14

2016

テツロー日記


160913yosan

160914gaibo1
こんばんは。民進党の代表選挙は、明日が投票日です。
一方で、昨日も今日も、閉会中ながら国会に出て、26日からの臨時国会にむけて準備を始めました。

昨日は、参院予算委員会理事と参院民進党政策審議会のメンバーで、全省庁から補正予算の概要について、外務・防衛・内閣府から北朝鮮の度重なるミサイル発射、先日の核実験の状況について等のヒアリングを受けました。

今日は、参院外交防衛委員会で閉中審査を開催し、北朝鮮事案への政府方針等を質しました。
併せて、北朝鮮に対する抗議決議を採択しました。


09/08

2016

「リオ・パラリンピック開幕」


こんばんは。今日から、リオ・パラリンピックが開幕しました。

先週、4日の日曜日には地元で、第32回 全京都車いす駅伝競走大会・第26回 全京都車いすミニ駅伝競走大会が開かれました。主催者の一人であり、京都府身体障害者団体連合会会長として出席し、スターターも務めました。19チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。

ここ5年ほど、障害者スポーツに関わっています。卓球、車いす駅伝、視覚障害者マラソン、水泳、陸上、卓球バレー…等々、大会に出席し、選手や関係者、ボランティアの皆さんを激励し、逆に多くのことを学ばせてもらっています。
今年のパラリンピックは、例年に比して盛り上がっているような気がします。NHKが積極的に放映してくれますし、テレビCMにも障害を持った選手を多数起用していただいています。選手にスポットを当てた特集や特番もあります。障害者スポーツをたくさんの人に知っていただき、理解を深めていただく、とてもいい機会になると思います。

「感動」という言葉を軽々しく言えないような、人間の無限の可能性と筆舌に尽くしがたい努力と強い意志が、一人一人の選手に存しているような気がします。
日本の車いすテニス男子の国枝選手、女子の上地選手、水泳の木村選手をはじめ、たくさんの選手に期待します。ドイツの走り幅跳びのマルクス・レーム選手の跳躍も見ものです。
日本代表選手の皆さんが日頃の練習の成果を遺憾なく発揮されることを願います。


08/30

2016

「民進党代表選について」


おはようございます。
昨夜、民進党代表選挙において、甚だ微力ですが、前原誠司衆議院議員を支持することを表明しました。もちろん、蓮舫参議院議員も代表への十分な有資格者であり、このような構図にならなければ、蓮舫さんを支持していたと考えます。正直、悩みました。

前原さんを支持する理由は、以下の3つです。
第一は、京都の地で、民主党から民進党と20年以上、前原さんと政権交代可能な政治を創りたい、と活動してきました。今回、自らを政権失敗の戦犯とまで言われ、決意を示された前原さんを放っておくわけにはいきません。前原さんの代表選にお付き合いするのは3度目ですが、一勝一敗です。勝ち越したい、と思います。
第二は、メディアを通じて、代表選を「執行部vs反執行部の戦い」と位置づけられる傾向があります。そんな小さな不毛な戦いにしてはいけません。我々の相手はあくまで安倍政権です。
私は、岡田代表、枝野幹事長、そして蓮舫代表代行のもとで幹事長代理をさせていただき、力不足ながら執行部の一員でした。前原さんとも話し合い、私が前原さんを支持することで「執行部vs反執行部の戦い」ではないことを示したい、と伝えたところ、「望むところです。そんな戦いにするつもりはない。」と言われたので、得心しました。
第三には、前原さんが記者会見で言われた「分断を乗り越え希望を分かち合う社会」-All For All-の考え方は、アベノミクスに対抗する今後の民進党の経済・社会政策を考える上で重要な問題提起です。私もこの1、2年、この理念をいかに民進党の政策の中心に位置づけていけるかを考えてきました。前原さんが代表選で訴えることが、 民進党内だけでなく、広く国民にも伝えさせていただくことになると考えました。

アメリカ大統領選挙でも予備選があります。先般も予備選の結果、民主党大統領候補に選ばれたヒラリー・クリントン氏に対して、バーニー・サンダース氏がエールを送り、支持を表明したように、民進党もいわば予備選です。
蓮舫さんと前原さん、素晴らしい論戦とパフォーマンスで戦っていただいて、結果が出たら、お互いに手を組んで、本当の相手である安倍自民党に対峙していただきたいと思います。


08/03

2016

「国会閉会。予算委員会の閉会中審査を求める」


こんばんは。
参議院選挙後初の第191臨時国会が今日まで開かれました。議長・副議長の選任等の手続きがおこなわれ、3日間の会期を終えました。

私は、予算委員会の筆頭理事に就任し、早速、理事懇談会を開催しました。用件は、予算委員会の閉会中審査の要求です。
今朝の北朝鮮による弾道ミサイルの発射に加え、英国のEU離脱をめぐる影響、津久井やまゆり園での殺傷事件、GPIFの運用問題、日銀による追加金融緩和等々、議論すべき課題は山積しています。
選挙もあり、国会の審議もずっとされていません。このままでは9月末の臨時国会まで審議はされないままになります。新閣僚の考え方も確認しなければなりません。与党側は「検討する」と答え、散会しました。

民進党代表選の話題もそろそろ多くなってきました。


1 / 8212345...102030...最後 »


2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る