04/19

2018

「野党6党幹事長・書記局長会談」


こんばんは。

昨夕、野党6党の幹事長・書記局長会談を開催しました。
政府・与党に対し福田財務次官の罷免(直後に辞任)や、森友・加計問題の全容解明のため柳瀬元総理秘書官はじめ関係者の証人喚問等、以下4項目を強く求めることを確認しました。
1.麻生財務大臣の辞任、並びに福田淳一財務事務次官の罷免を強く求める。
2.森友・加計問題の全容解明のため、柳瀬唯夫元総理秘書官をはじめ、関係者の証人喚問を強く求める。
3.財務省による文書改ざん問題の調査結果の4月中の公表、並びに改ざん前の文書の全容の即時公開を求める。
4.自衛隊の日報問題の真相究明、並びに自衛官の暴言問題の早期の事実確認を強く求める。

本日午前、二階幹事長と会談をおこない、野党6党幹事長・書記局長会談で合意した4項目について申し入れ、速やかに回答するよう求めました。

その後、午後になって、自民党から回答が来ましたが、全くのゼロ回答。到底理解できません。

財務省は今、財務事務次官と国税庁長官が不在という異常事態です。麻生大臣にはセクハラ問題の対処も含め大きな責任があると言わざるを得ません。
立法府と行政府の関係は崩れ、官僚に対する信頼も失墜しています。国会審議の前提と信頼は壊れており、国会審議に入れる環境を整える責任は政府・与党にあります。
今夕の野党幹事長・書記局長会談において、野党6党は一致して、新しい日程協議には入らないことを確認しました。
与党に、1日も早く国会審議が正常化する環境を整えるため、野党側の要求に応じることを引き続き強く求めます。


04/12

2018

「混迷続く国会」


こんばんは。

昨日の衆院予算集中審議の中で、安倍総理は無理のある苦しい逃げの答弁に終始しました。
枝野代表が「愛媛県の文書には首相秘書官に会ったと書いてある。でっちあげてうそを書いたのか。『記憶の限り、会っていない』という首相秘書官がうそをついているのか。どちらかでしょう」という指摘に安倍総理に全く説得力のある答弁はされませんでした。

あの財務省の太田理財局長が昨年2月22日に菅官房長官への説明の際、佐川理財局長(当時)と同席していたことまで明らかになりました。太田局長は1年前からずっとかかわっていた疑いも出てきました。唖然とします。

毎日毎日次々と新しい事実が出てきます。
これまでの政府の答弁をことごとく覆すものばかりです。
国会で答弁されてきたことが「何が本当で、何が虚偽でごまかしか、全くわからない」状況です。

本来ならもう政権を担えるような状態ではありません。
今日も外交防衛委員会で質疑に経ちましたが、こんなに空しい国会審議は初めてです。

一方で、嬉しいニュースです。
杉尾秀哉参院議員が立憲民主党に入党届を出していただきました。
力強い仲間に加わっていただき、大歓迎です。


04/05

2018

「防衛省でも隠ぺい」


こんにちは。
国会は森友文書改ざん事件で佐川氏の証人喚問後、疑惑の深まりが拡がっているにもかかわらず、またもや新たに、防衛省隠ぺい問題が発覚しています。東京労働局長の権限者にあるまじき発言も問題化しています。

安倍政権によって、立法府(国会)と行政府(政府)の関係がボロボロになっていることに加え、官のゆるみ、あるまじき行為が次々に明るみになっています。

今日、外交防衛委員会で質問に立ちました。
①なぜ昨年3月27日にイラク日報が発見されていたのに、大臣に報告もせず、国会にも提出しなかったのか。
②なぜ今年の1月12日にイラク日報が存在することを確認したのに、約3ヶ月間、小野寺防衛相に報告しなかったのか。
③なぜ3ヶ月経って、今年3月31日の小野寺防衛相への報告のときでさえ、まだ昨年3月の認識の事実について報告しなかったのか。
④なぜ4月2日の防衛相会見のときに、昨年3月27日の認識を知らなかったものが、わずか2日で、そのことを防衛相に報告できたのか。
⑤本当に昨年の特別防衛監察のときにイラク日報の問題は報告していないのか。
⑥南スーダン日報を開示しないと事務次官が決定した昨年2月16日と同じ日に、イラク日報の存在を否定する回答をしている。結局、どちらも開示する気がなかったのではないか。
結局、明解な答弁は得られませんでした。
(審議の模様はこちらをご覧ください。 https://goo.gl/oscuv8 )

今回の防衛省がイラク日報の存在を一年間にわたり国会に隠し続け、虚偽答弁を続けた問題は、その構造は財務省の文書改ざん事件と極めて同根と言わざるを得ません。国会審議の前提と信頼が大きく揺らいでいます。

今回の問題の構図を整理すると、次のようになります。
【防衛省】
国会-イラク日報存在を否定。その後、国会にも提出せず。
特別防衛監察でも明らかにせず。
【財務省】
国会-改ざん前文書の存在を否定。その後、国会にも提出せず。後に改ざん。
会計検査院にも改ざん文書を提出して、事実を隠ぺい。

何度も指摘していますが、安倍政権は国会で真実を語りません。フェイク答弁にフェイク答弁を重ねても、真実にはなりません。
憲政史上大きな汚点となるような国会の様相を呈してきました。


03/27

2018

「佐川氏の証人喚問を終えて」


こんばんは。
昨日は参議院予算委員会で集中質疑が、今日は衆・参の予算委員会で佐川前国税庁長官の証人喚問が行われました。
2日間とも質問に立ちました。

太田理財局長は、答弁書は改ざん前の決裁文書をもとに作成されると答弁していたのに、佐川氏が昨年3月2日の時点で改ざん前の文書の記載と異なる答弁をしていたことを指摘したところ、太田理財局長も、これらの答弁が事実に反していたことを認め、謝罪されました。
当日の映像を改めて確認しても、佐川氏は答弁書を見ながら発言しており、昨年3月2日の時点で既に「改ざん後」の決裁文書を基に虚偽答弁していたことが明らかになりました。
他方で、なぜ佐川氏は事実と異なる答弁をしたのかについては、太田局長は「私にはお答えしかねる」とのことだったので、今日の証人喚問で改めて確認するつもりでした。

しかし、佐川氏は、改ざんの経緯については「刑事訴追のおそれがある」の一点張りで、証言を拒否し続けました。一方で、根拠を示さず、総理や総理夫人を含む官邸や財務大臣の関与だけは明確に否定し、自らの関与を認めないのに、理財局内部のことだと強調するという、不可思議な答弁を繰り返すばかりでした。
残念ながら、いつ、誰が、何のために文書を改ざんをしたのかは全く明らかになりませんでした。
しかし、何の関与もないなら否定すればいいものを、刑事訴追を盾に証言拒否を連発する姿に、かえって疑惑が深まりました。

昨日の集中質疑で、最後に次のような発言をしました。
「私、去年、総理にそんたく質問をしたときにこう申し上げました。安倍昭恵夫人は名誉校長に就任している。三回も講演されている。安倍総理の講演はキャンセルされたが、予定はあった。そういう状況で、手続ができないから開校を延期するとか、昭恵夫人に恥をかかせたのか、安倍総理に恥をかかせたのか、近畿財務局だって財務省だってそんたくするでしょうと。そういう状況をつくったことが問題じゃないですかと。だからこそ、こういう不透明な手続が積み重なるんですと。今も全く考えは変わっていません。それどころか、近財の職員が犠牲になり、決裁文書が改ざんされ、あなたたちを守ろうとした佐川さんはあした証人喚問です。佐川さんも太田局長も財務省も、私は気の毒過ぎると思いますよ。こういう環境、状況をつくった総理と安倍昭恵夫人に、私、責任があると思います」

フェイクにフェイクを重ねても真実は出てきません。
国会の中でしっかりと追及していきたいと思います。

質疑の様子は、以下のURL(参議院HP内)からご覧いただけます。
3/26 集中質疑 → goo.gl/4YuLuK
3/27 証人喚問 → goo.gl/BVk5E7


03/23

2018

「テレビ出演のお知らせなど」


こんばんは。
週明けの26日の集中審議、27日の証人喚問に向けた準備をしています。
26日は16時過ぎからの26分間、質問に立つ予定です。

また、明後日25日の朝、NHK「日曜討論」に出演することになりました。
【日時】3月25日(日) 9:00~10:15
【内容】財務省文書改ざん問題、北朝鮮問題、今後の国会
お時間のある方はご覧ください。

さて、今日の夕方、定例会見を開きました。
概要が立憲民主党HPに掲載されていますので、以下、引用します。

**********

トランプ政権が23日、鉄鋼とアルミ製品への関税適用を一部の国を除き発動したことについて、「日本経済のみならず世界経済にマイナスの影響を及ぼす可能性があり、大変憂慮している。安全保障を理由にした輸入制限にもかかわらず、なぜ日本が適用されることになったのか、理解に苦しむ」と指摘。米国は欧州連合(EU)や韓国、オーストラリアなどの同盟国に対しては期限付きで関税の対象から外すと発表していることにも触れ、「そのなかで日本に適用されたことは大変残念だ。先般、河野外務大臣、世耕経済産業大臣が訪米して適用除外を強く求めていたにもかかわらず、このような措置になったことには、何か外交上の問題があったのか、どういう理由なのか政府にも説明を求めていかなければいけない」と述べました。

財務省が学校法人「森友学園」との国有地取引に関する決算書を改ざんした問題をめぐっては、27日の衆参両院予算委員会での佐川前国税庁長官の証人喚問を前に川内博史衆院議員ら立憲、希望、共産の野党3党の議員が同日午後、学園の前理事長の籠池氏と接見。
川内博史衆院議員から接見後に報告を受けた福山幹事長は、「あくまでも拘置所での接見であり、籠池さん本人が事実を語っているかは分からない」と前置きしたうえで、籠池氏から接見者に対して「値引き後の1億6千万円の価格については、森友学園側に対し当時代理人の弁護士を通じて財務省から提示があった」「改ざん前の文書にあった、安倍昭恵総理夫人の『いい土地、前に進めてください』という発言はあった。昭恵夫人が『何かできることはありますか』と言われたので学園の敷地の前で写真を撮ってくださいと言い、あの撮影となった」「昭恵夫人は3回講演に来ているが、1回目と3回目は谷(査恵子)さんが同行されていた。2回目は衆院選挙中に来てくださり、そのときは安倍晋三事務所の秘書と総理夫人付きの別の方も一緒だった」「谷さんは本件について逐一昭恵夫人に報告していたと思うし、谷さんは昭恵夫人の意向を受けて面倒を見てくれていると感じていた」といった発言があったと紹介しました。

真相究明に向けては、川内議員から接見内容について報告を受けた後、これまでの政府答弁や改ざん前、改ざん後の文書との比較等をした上で今後の証人喚問、参院予算委員会での集中審議に活用していく考えを表明。証人喚問にあたっては、「慎重かつ丁寧に、何がこの問題の本質につながる佐川証人の本音が引き出せる質問なのかをじっくり検討していきたい」などと述べました。


1 / 9212345...102030...最後 »


2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る