12/11

2018

「臨時国会閉会」


こんにちは。
昨日、臨時国会が閉会しました。

結局、入管法改正案について、明確な内容が示されないまま、参議院でも採決が強行されました。
いわゆる個票の開示について、政府はコピーを認めなかったため、野党5党2会派の衆参の議員が手分けをして、2870枚すべてを手書きで写しました。その結果、法務省の偽りの報告をしていたことが判明しました。法務省は最低賃金以下を22人(0.8%)と公表していましたが、月給と労働時間から時給を計算すると、最低賃金以下は1927人(67%)もいました。偽りの評価で、実態を隠そうとしていたことは明らかです。
さらに、参院での審議で、過去3年分の技能実習生69人の死亡事案が明らかになりました。自殺、凍死、溺死等々。法務省はこの事実を知りながら詳細を調べることなく、放置していました。

政府は、新たな在留資格となる今回の法案において、現行の技能実習生からの移行が約5割、業種によってはほぼ100%が移行すると試算しており、現行制度の実態調査や総括があるべきですが、全く行われていません。
どの業種でどれだけ受け入れるのか、上限があるのか、ないのか、単純労働とは?、移民の受け入れ拡大なのか?等々、曖昧なまま、中長期的な見通しもなく、内容のほとんどが法案成立後の省令等にゆだねる白紙委任法です。引き続き、法律の詳細とともに、受け入れ態勢の整備、地域での支援体制など、総合的な支援のあり方について厳しくチェックしていかなければなりません。

入管法改正案の審議は、「中身がない」「データを出さない」「虚偽の答弁を重ねる」というおそまつなものでしたが、今年1年間、森友問題での財務省の文書改ざんに始まり、加計学園、働き方改革関連法、防衛省の日報隠し等々、「同じ姿を繰り返し、またか!」という思いです。
7月に衆院議長が、「民主的な行政監視、国民の負託を受けた行政執行といった点から、民主主義の根幹を揺るがす問題」「政府においては、再発の防止のための運用改善や制度構築を強く求める」との異例の「所感」を出されましたが、この臨時国会の政府のやり方は衆院議長の思いを踏みにじるものです。

生活、命、食料に関わる水道法や漁業法も、短時間の審議で強行に打ち切りです。国会審議も野党の存在も、まるで無用と言わんばかりです。後味の悪い国会となりました。
来春の統一地方選、来夏の参院選で結果を残し、安倍政権の一強多弱政治を終わらせることが至上命題です。日本の民主主義、三権分立が壊れます。来年の通常国会に向けて準備を進めます。


07/11

2018

「京都北部視察」


おはようございます。
昨日は、先日の豪雨により被災した京都北部を視察しました。

福知山市大江町を訪問。
この地域の被害は広島や岡山のような土砂や土石流のもたらしたものとは異なりますが、人間の身長以上の浸水があったとのことです。市役所大江支所の1階も水に浸かり、使えなくなっていました。
この地域はここ15年で5回も浸水しています。築堤が出来ていますが、内水を逃す抜本的な対策が必要です。大江支所長や住民の方からもお話を伺いました。

綾部市では、山崎市長から直接被災状況を伺いました。
綾部市は土砂災害で3名の方が亡くなられました。土砂災害のあった現場にも行きましたが、民家の中まで土砂が流れ込んでいます。周辺も行き止まりになっており、通行止めです。
綾部市では、災害による人的被害も自衛隊派遣要請も初めての事態です。

再び、福知山市に戻り、大橋市長から被災状況の報告を受けました。
一年間に2度目の水害で、由良川の水位が上がらないようにするための対策、廃棄物処理、大雨で天然ダムができたため避難勧告を出している地域があり、今後の対応について国交省の知見を借りたい等の話を伺いました。
他にも課題が山積しており、市・府・国の連携を一層強化しなければならない状況です。
夜久野町の支所でも現状を聞くことができました。

それぞれの自治体職員や消防、警察、自衛隊等々にも疲労がたまっており、一定の配慮、ケアも必要なのではないかとの議論も出ました。ご尽力に心から敬意を表します。

視察には、野田勝康 福知山市会議員、塩見聡 福知山市会議員、片岡ひであき 綾部市会議員に党派を超えて、お力添えをいただきました。
また市長や役所の方々にもご対応いただき、本当にありがとうございました。


07/10

2018

「豪雨災害」


おはようございます。
歴史的な大雨による被害が続いています。被害にあわれた方々に心からご冥福とお見舞いを申し上げます。
地元京都でもかなりの被害が出ていますが、広島、岡山、愛媛をはじめ、西日本の広域にわたり被害が拡がっています。雨がやんでも引き続き警戒が必要です。

昨日、午前中に、党の災害対策本部と拡大役員会を開催しました。
①野党の幹事長会談を呼びかけ、政府に災害対応に最優先で万全を期すことを申し入れる
②明日のカジノ法案の審議は、所管は石井国交大臣であり、このような災害時において国会にはりつくことはありえず、委員会開催を自重すべき、等を確認しました。

15時からは野党幹事長・書記局長会談を開催して、同様の趣旨を確認し、政府に対する緊急申し入れを決定しました。
その後、枝野代表を筆頭に野党各党代表・党首が、官邸で菅官房長官へ申し入れを行いました。

今日は、始発で京都に戻り、被災した京都北部の現場を視察します。
舞鶴市加佐地区、福知山市大江、夜久野、福知山市内、綾部市の現場や市役所等も訪問する予定です。


06/29

2018

「働き方改革関連法案」


こんばんは。

昨日の厚生労働委員会で「働き方改革関連法案」の審議が打ち切られ、採決が行われました。
会期が延長され、まだ審議できるにもかかわらず、過労死を増やしかねない、立法事実もない、答弁も曖昧な状況のまま、国民の命と生活にかかわる法案が、数の力によって終局とされ、今日の本会議での採決となったことにいまだに納得できません。

高度プロフェッショナル制度は、成果で評価することの法文上の規定もなく、時間の制約だけを取り払うことになります。実労働時間も把握されません。法案の骨格ができてから後追いでヒアリングをして、その数はわずか12人、まさにアリバイ作りに他なりません。
さらに、総理は過労死家族の会との面会要請を拒否しました。ご遺族の方が昨日の委員会も傍聴されていましたが、その思いに応えなければ、政治の役割は果たせないと考えています。なぜ、面会されないのか、理解に苦しみます。

裁量労働制の制度的な欠陥、長時間労働規制の実効性への懸念、各種ハラスメントの規制の欠落等々、法案の問題点は数多く残っています。47項目の付帯決議がついたことが、法案の内容がボロボロであったことの証左です。立憲民主党の石橋みちひろ議員の充実した審議によって論点と疑問が山ほどでてきました。付帯決議の内容も、大部分は石橋議員の指摘です。

そもそも裁量労働制についてデータを偽造していたことから問題は始まっています。
法律は残念ながら成立してしまいましたが、付帯決議に盛り込まれた内容を踏まえて、引き続き運用を監視しつづけ、高プロ制度廃止に向けて粘り強くたたかって参ります。

今週は月曜日に予算委員会に立ちました。
火曜日は枝野代表が党首討論に臨み、後半は働き方法案の参議院での攻防でした。
バタバタで、なかなか詳しい報告が出来ずすみませんでした。


06/15

2018

「国会は最終盤に。立川市議選も」


こんばんは。
本日午後に、立川市議選の応援に入りました。
立憲民主党公認の「いなはし ゆみ子」候補とともに、JR立川駅前で街頭演説と選挙カーに乗り、ご支援を訴えました。
投票日は明後日6月17日です。立川市の皆さんのお力をよろしくお願いいたします。

先日の新潟県知事選挙では、池田ちかこ候補に多くの皆様にご支援をいただき、心から感謝を申し上げます。とても残念ながら惜敗となりましたが、森友・加計問題をはじめ、安倍政権に対する不信感、厳しい批判の声は一定程度示されたと考えています。
一方、中野区長選では立憲民主党が推薦した酒井直人候補が、中野区議補選では立憲民主党公認の杉山司候補が当選しました。ともに自民党を破りました。お二人には中野区政に新しい風を吹かせていただきたいと思います。

また、今週は、米朝首脳会談が開催されました。
朝鮮半島の平和にむけての第一歩が記されたことは、率直に評価をしたいと思います。しかし、安倍総理ならびに我が国が、会談結果に求めてきた状況とは、少しかけ離れたものになりました。
北朝鮮は体制保証を得ることができ、米韓の軍事演習の回避も言及され、国際的な好感度を上げることにも一定成功し、またもや北朝鮮が時間稼ぎをできるような状況になったのではないかと危惧しています。CVIDについても明記されていません。
会期末までに早急に予算委員会を開いて、安倍総理から安全保障、外交、拉致問題について、評価と今後の戦略を説明するべきです。

さて、通常国会は会期末が近づき、政府・与党が強行に国会運営を進めてきています。
先ほど、衆院内閣委員会ではカジノ実施法案が強行採決されました。これまで賭博罪とされてきたものを、わざわざ依存症対策を講じてまで一部解禁するものであり、カジノ事業者による特定金融業務、金額の上限規制の欠落、違法性阻却範囲、施設の面積上限、社会的影響分析等々、課題はまだまだ残っています。引き続き徹底審議が必要です。

参院では、自民党が定数増と比例名簿に拘束式を導入するという、自民党の議席減を救済するための参院選挙制度改正案を突如として提案してきました。
参議院選挙制度改革は院に設けられた専門委員会において1年間かけて議論をしてきたにも関わらず、その経過を全く無視して提案されたものです。
一昨日、昨日と参院議長の召集による参院各会派代表者懇談会が開かれ、私も蓮舫参院幹事長とともに出席しましたが、議長は野党各党が求めたあっせん案の検討には応じず、協議を強引に打ち切りました。
与野党ともそれぞれ意見の違いはあっても選挙制度は民主主義の土俵作りです。私は議長に再考をお願いし、協議の継続を求めました。今回の議長の対応は、「会派に属さない」三権の長として公正公平な院の運営をいえるのか非常に遺憾に思います。


1 / 9412345...102030...最後 »