04/23

2010

ツイッターより(事業仕分けについて)


いつもお世話になっております。
ツイッター上で、福山がまとまった発言をしているものについて、こちらでもご紹介させていただきます。

「事業仕分けについて」

こんにちは。事業仕分けは続いていますが、先ほどボクは抜け出し、京都に戻っています。信頼している枝野大臣と蓮舫さんなので、いい議論が出来たと思います。

事前にJICAとは、かなりやり合いました。本部の移転や施設の売却も、彼らにのませて臨みました。
全体としては、ストックを売却し、国庫に一時的にキャッシュを返納するか、ストックは残しつつ高コストなものを整理してフローを減らして中長期的に国家財政に寄与するのか、どちらを選択するか、です。
特殊法人時代、ジャブジャブに建物、不動産にお金を流し続けた自民党と財政当局の罪は大きいと思います。施設勘定にお金が余っていることも判り、約9億円返納することも決めました。JICAの役割を否定される方はいませんでしたが、やはり高コスト体質、甘えの構造があったことは否定できません。

なぜ、ボクが答弁していたか、と言うと、行政刷新会議では、説明者は政務三役か、しっかり説明できる者という指定だったので、やはり政治の責任ということで、ボクが答弁しました。別にJICAをかばっていたわけではありません。すごい数のカメラと報道陣でした。疲れました。

ご覧頂ければわかるように、市ヶ谷も売る用意は出来ていると言いました。売った時と残す時の財政的な比較考慮して判断して、と申し上げました。枝野大臣もストックとフローの関係を独法全体で検討すると言われました。ボクの表現が悪く、誤解を招いたようなので。

テレビを観た有権者が、事業仕分けで、ボクが外務省側に立ったように思われた方が多かったようです。本番でも提起しましたが、JICAと事前にやり合い、27億円家賃の本部移転や施設売却、施設勘定にあった9億円の国庫返納等を決めて臨みました。報道で伝わらないのが残念です。