01/14

2011

第二次 菅改造内閣、発足


本日、第二次 菅改造内閣が発足いたしました。

午前中、辞表取りまとめの閣議があり、その後、仙谷官房長官の最後の会見が行われました。私は陪席させていただき、長官の勇姿を拝見しました。
この味のある会見が300回以上続いたと思うと何とも言えない気持ちでした。

仙谷長官の下で働かせていただいたおかげで、とてもいい経験と仕事をさせていただきました。
今日の会見においても、「メディアの論調も、より深い本質的な日本の政治が良くなるような解決策を含んだ記事をお造りをいただければ、日本が決して、何て言うんですか、あまり後ろ向きになる必要のない希望が見えてくる、ガバナンスと市民社会を改めて作れるんじゃないかと私は思っております。」という発言は、心にしみました。
人間としても、政治家としても、魅力的かつ剛腕な仙谷長官に、心からおつかれさまですと申し上げます。とはいえ、党の代表代行として、まだまだご活躍とご指導を願っています。

一方、私は、再び官房副長官留任となりました。
枝野官房長官を支えて、日本のため、菅内閣のために、引き続き懸命に働きたいと思います。山積する課題に果敢に挑んでいく内閣の
一員としてがんばる決意です。
ぜひ、ご期待ください。

今日もこれから、初閣議や総理記者会見等々、内閣発足関連のスケジュールが続きます。

18時頃からは、総理の会見がNHKで生中継される予定になっています。小生も横で控えています。
お時間が許せば、ぜひご覧ください。