02/05

2011

「社会保障と税の一体改革の集中検討会議始まる!」


 こんにちは。今日は、午後から官邸で第1回目の社会保障改革に関する集中検討会議が開かれました。

 政府側は菅総理出席の下、与謝野担当大臣、官房長官、総務大臣、財務大臣、厚生労働大臣、国家戦略担当大臣ほか、与党からは仙谷代表代行、国民新党の亀井政調会長、幹事委員として、トヨタ株式会社の渡辺捷昭副会長、慶應義塾長の清家篤氏、東京大学大学院経済学研究科の吉川洋教授、元自民党議員で元厚労大臣の柳澤伯夫氏らが一同に。

 今日は当面の進め方について話し合うこととなり、メンバーの皆様から様々なご意見が出されました。ここでは、誰が何を言ったか、詳細を挙げることは適切ではありませんが、例えば、次のような意見が出されました。

「国民にとって、わかりやすさ、心に響く言葉が必要。」
「現実の破綻しつつある姿を示し、将来のあるべき姿とのギャップをどのように埋めるか、方策を検討することが重要。国民との認識の共有が不可欠。」
「これまでの年金や医療、介護制度は世界に誇れるべきものがあった・・日本の社会保障が成功していたからこそ、長生きで高齢化社会が進んでいる、これは決して悲しいことではなく、喜ばしいことである。大成功したからこそ、今、改革しなければならない。そういう考え方で、この議論を出発して参りたい。」
「社会保障はともすれば高齢者に目が行きがちであるが、実は、支える側の現役世代の活力にかかっている。いまの働きにくさ、生活しにくさ、子どもの育てにくさ、現役世代をどのように元気づけるかが、持続可能な制度のために重要だ。」

 そんな中、名前を挙げても許されると思いますが、仙谷代表代行が次のような発言をされました。
「社会保障の議論をすると、ともすれば損か得かという議論になってしまう。また、世代間競争の議論になってしまう。政治家はすぐにそういった状況の中で、あなたにとっては得ですという損得の議論をしがちになる。まるでバナナのたたき売りのような状況になる。これが社会保障制度改革が進まなかったこの十数年の反省ではないか。基本的に保険制度というのは給付を受けない状態が幸せだと考えてほしい。保険料を出す方に回る方が幸せで、他人の幸せや他人がその給付を受けている姿を見て喜ぶというような、そういった高邁な議論が必要なのではないか。」

 その仙谷先生の言葉を受けて、ある方が「社会保障の原点とは、insurance つまり保険である。ビッグリスクは支え合う、スモールリスクは、自助
努力で賄う、どう組み合わせて合理的に設計するか、日本の国民は理解していただけるはずだ。」というような意見が出されました。

 他にもご紹介したい意見がたくさんありますが、本当に本質的かつ建設的な意見が多く、真剣な議論を聞き、私も感銘を受けました。国民全体で、社会保障と税の一体改革をしよう、という今の機運を逃してはいけないと強く思いました。

 この集中検討会議は、ほぼ毎週にわたり開催され、精力的に議論をつづける予定です。


2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る