05/28

2011

「フランスG8報告です!」


皆さん、こんばんは。
今、フランスは昼過ぎです。
総理とともに、フランスへの公式訪問、OECDの記念式典への参加、G8サミット出席をしており、今日はサミット2日目です。
サミットでは、各国から、日本の大震災へのお見舞いと、これほどの大災害においても冷静に行動する日本人の姿、不屈の精神に対する深い感銘と賞賛の言葉が続きました。

仏公式訪問では、フィヨン首相、サルコジ大統領との会談は、非常に和やかな中で行われ、日仏外相戦略対話の合意など建設的な議論がなされ、今後の日仏の協力関係が一層強まることは間違いないと感じられるものでした。

また、日本の総理が歴史上初めて出席したOECD設立50周年記念式典では、総理は、クリントン米国務長官、フィヨン仏首相、バローゾEU委員長とともに、お祝いのスピーチをされました。
このスピーチの中で、総理が、世界中からの震災に対する支援、そして貧しい国々の小さな子どもたちまでもが、お小遣いを削って寄付をしてくれたことに対する御礼、そして、「世界との絆や連帯を感じた」と言われ、少し間を置いて深く感謝をされた時、各国首脳や閣僚で超満員の会場から大きな拍手が巻き起こり、なかなか鳴り止まないという印象的な場面がありました。
さらに、総理が「震災は多くの村や町を破壊しました。しかし、日本人の心まで破壊することはできませんでした。日本は必ず復活します。OECDとともにこれからも国際貢献に取り組んでいきます」と言われた時にも、会場中に温かい空気が流れたことを感じたのは、私だけではなかったと思います。

その後、オバマ大統領との日米首脳会談は、震災後3度電話会談をされたこともあり、1時間にも及び、終始和やかで、9月初旬の総理訪米を合意。21世紀の日米同盟をさらに深化させることで一致しました。

また、G8サミットですが、総理は2度目の参加で、各首脳とはすでに旧知の間柄であり、大変リラックスした様子でした。
総理のG8冒頭発言は、大震災の支援への謝意や原子力の安全性を高めるための事故調査・検証委員会の設置の説明、日本の今後のエネルギー政策に関する4つの柱等についての言及でした。
この発言の中で、自然エネルギーの発電電力量に占める割合を2020年代のできるだけ早い時期に少なくとも20%を超える水準となるよう、技術革新に取り組むことも表明しました。

今日は、朝から、日英、日独首脳会談がG8サミットのセッションの合間を縫って行われており、これらも非常に和やかな雰囲気の中で行われ、建設的な議論が展開されました。

まだ、日露首脳会談も予定されています。明日には日EU定期首脳協議が行われる予定になっており、今晩遅くに、空路ブリュッセルに移動しなければいけません。
各省庁のスタッフも夜を徹して懸命に作業をしてくれていますし、是非この海外訪問が、日本にとって新たな再生のスタートとなり、国際的な信頼が高まる一つの契機になればと心から願っています。