02/28

2012

「民間事故調報告書について」


本日、福島原発事故独立検証委員会、いわゆる「民間事故調」の報告書が発表されました。
 http://rebuildjpn.org/

大変よく調査をされており、原発事故全般、避難、原子力に対する歴史的な問題、さらには国際社会との関係における原発事故等々、大変多岐にわたる内容になっています。
報道では、菅総理の発言等々について部分的な評価がされていますが、実際の報告書は、今後の日本の防災対策や危機管理について、多くの示唆が含まれていると感じています。
この報告書からいかに教訓を読み取り、次に生かすかが政治の課題であると考えています。
大変な作業だったと思います。民間事故調の皆様に敬意を表します。

また、講談社から大鹿靖明氏「メルトダウン」、学研から朝日新聞で連載されていた「プロメテウスの罠」等々、原発事故関連書籍が相次いで出版されています。
こういった検証がいろいろなところで行われることはいいことだと思います。