03/12

2012

「東日本大震災一周年追悼式・よりそいホットラインスタート」


こんばんは。昨日、東日本大震災から1年がたちました。
昨日は東日本大震災一周年追悼式が国立劇場で開催され、出席致しました。
天皇・皇后両陛下ご臨席の下、政府・国会議員、被災3県の御遺族、各国大使らが出席し、黙とうをささげ、犠牲者のご冥福を祈念しました。岩手、宮城、福島の「ご遺族のことば」に込められた思いに、言葉もありませんでした。
この1年間、自衛隊や警察官、消防士、医療関係者、自治体の職員そしてボランティアの皆さんには最大限の活動をしていただきました。感謝申し上げます。
他方、未だに行方不明の方が3000名以上もおられます。福島県では原発事故による放射能との闘いが続いています。被災者に寄り添い、一日も早い復旧、復興を進め、震災の記憶を絶対に風化させてはいけない、と微力ながら改めて決意しました。

また、昨日は社会的包摂サポートセンターによる電話相談「よりそいホットライン」が全国的に始まりました。昨年10月に被災地から始めていた事業でした。
「仕事」「心の悩み」「暴力被害」「自殺念慮」など幅広い暮らしの悩みを24時間、誰でも無料で電話相談ができ、一緒に解決方法を探していこうというものです。
菅政権当時、「一人ひとりを包摂する社会」特命チームを設置し、この事業を国で実施することを決めました。昨夜は、全国スタートの初日ということで、東京のコールセンターを訪問し、相談事業に対応されている皆さんを励ましに行ってきました。相談員の方々がとても献身的に対応されていたのが印象的でした。これまで徹夜続きで準備をされてきた関係者、NGOや多くの皆様に感謝です。詳細は、明日ご紹介させていただきます。

<よりそいホットライン>
フリーダイヤル 0120-279-338
http://279338.jp/yorisoi/