03/19

2012

「最近の活動あれこれ」


こんばんは。
最近の活動では、東日本大震災から1年を機に、震災当時を振り返るもの、地震への備え、エネルギー・環境問題などのテーマの講演やシンポジウムに招いていただけることが多くあります。当時、官邸にいた者として反省も含め、発言をさせていただくようにしています。

一昨日は地元京都新聞にエネルギー問題のインタビューが掲載されました。

また、先日のメルマガでもお伝えしましたが、今月2日に登壇した読売新聞社主催・フォーラム「3・11の教訓」の内容を紹介する記事が、今朝の読売新聞に見開きで掲載されています。「首都直下型地震にどう備えるか。」が、主要テーマです。ご関心のある方は、ご覧ください。

また、明後日3月21日には、場所は東京ですが、滋賀大学主催のシンポジウム「東日本大震災後の1年を顧みる」に招かれ、講演とパネルディスカッションに参加致します。
著名なエネルギー分野等の専門家の方々が登壇されます。
ご関心のある方は、滋賀大学のHPからお申し込みください。
今日はお知らせで失礼します。

<日時> 3月21日(水)13:00~17:00
<場所> 学術総合センター(一ツ橋記念講堂)
<お申し込み> 滋賀大学HP内
http://www.shiga-u.ac.jp/topics/res.1610/symposium20120321.pdf