08/08

2012

「政局つづく」


みなさん、こんにちは。
国会は政局が続いています。

自民党は、総理から解散の確約がなければ、社会保障と税の一体改革の法案を採決しないと主張しており、さらには内閣不信任案や総理問責決議案の提出も視野に入れています。しかし、このことは3党合意を破棄することになるばかりか、国会で審議されるべき重要法案を放棄することに等しいと考えます。
特例公債法案、社会保障を充実するためのマイナンバー法案、国際社会から要請をうけているハーグ条約の承認、大阪都構想法案、格差是正のための選挙制度改革法案等々がすべてご破算になる可能性があります。政局を優先するあまり、これらのものを審議をすることなく、廃案にするというのは本当に政党としての責任を果たすことになるのでしょうか。
とにかく自民党には熟慮していただき、ご理解とご協力をしていただくことを願うばかりです。

政府は、淡々と重要なことを決めています。
国家公務員の退職金を14.9%引き下げるということを決めました。これは大変な引き下げ幅であり、これで官民格差はほぼ解消されたと言って良いものです。
また、私も副会長として参加している超党派の議連では、自動車運転過失致死罪と無免許運転に対する罰則の法定刑上限の引き上げについて法改正案をまとめました。これを受けて、政府も来年の通常国会までにこれらの改正を閣法として提出することを検討しています。今年春に地元亀岡市で大変不幸な事件があり、私も何とか早くこのことの結論を出したいと考えています。

国会で処理すべき課題は山積しています。


2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る