11/23

2012

「民主党政権で変わってきたこと 6~8」


【民主党政権で変わってきたこと その6】
自公政権の社会保障費2200億円削減の方針を撤回。10年ぶりに診療報酬のプラス改定を実現。
公立病院の黒字の割合が12ポイント、大学病院は28ポイント増加。
<コメント>地域医療と病院経営を改善。医療崩壊と言われた3年前。

【民主党政権で変わってきたこと その7】
医師不足解消に向けて、医学部定員を08年7793人から12年8991人に増員。
医療従事者の負担軽減、在宅医療の充実等を推進。
医療・介護従事者は1割以上増加。
<コメント>もう病院のたらい回しをさせてはいけない。

【民主党政権で変わってきたこと その8】
24時間対応の訪問介護・看護サービスの創設。11年度末まで交付金措置、12年度介護報酬改定で加算創設等により、介護職員の処遇を改善。
介護従事者給与は平均で約14000円増額。
<コメント>あまり目立たないが重要な政策変更。


2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る