11/30

2012

「民主党政権で変わってきたこと 25~28」


【民主党政権で変わってきたこと その25】
日本からの国際航空ネットワーク充実、利便性向上、競争力強化のため、オープンスカイ戦略を推進。20の国・地域と協定締結。羽田空港の国際化を実現。
10年度の訪日外国人旅行者数は過去最高の861万人。
<コメント>
観光分野は成長戦略の重要な柱。

【民主党政権で変わってきたこと その26】
認定NPO法人への寄附に対し、適用下限額を引き下げると共に、所得税40%、住民税10%の税額控除を導入。12年度から新たな認定制度を創設し、スタートアップ時点から支援しやすい形に。
<コメント>
NPOとの協働は民主党ならでは。

【民主党政権で変わってきたこと その27】
子宮頸がんワクチンやヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン接種の公費助成を開始。事業を利用して約200万人が接種。自治体により差はあるが、子宮頸がんワクチンの接種率は約7割。
<コメント>
たくさんの諸団体の強い要望により制度化。

【民主党政権で変わってきたこと その28】
テロ対策。アフガンの自立に向け、警察支援等の治安維持や農業・インフラ整備等の持続的・自律的発展分野への支援実施。
また、気候変動や保健衛生・医療分野で途上国支援も実施。
<コメント>
貧困削減、平和構築、持続的成長に重点を置くODA改革を実践。