09/25

2013

「嵐山は動き始めています!」


おはようございます。

連休初日の21日朝から嵐山を訪れました。
観光客も戻りつつあり、各店舗についても既に開業したところ、早期の開業に向けて懸命に努力をしているところ、復興に向けた動きがはっきりと出ていることを確認してきました。
台風18号が接近した際、大変な被害が出ていると聞き、翌日に向かいましたが、各所で通行規制が敷かれており、入れないところがほとんどでした。

21日は、青木よしか京都市会議員とともに、まずは嵐山保勝会に向かいました。会長や専務理事に状況をうかがい、あの嵐山が壊滅したかのような映像を何度も流す報道を何とかしてほしい、風評被害を何とか抑えたいというお話をうかがいました。
その後、商店街の皆さんの様子を拝見しながら、1軒1軒、被災の大きかった渡月橋の南側、中の島などを歩きました。


嵐山保勝会を訪ね、お店を再開した様子をうかがう。青木よしか市会議員と。
また、自民党の井上与一郎市議も顔をお見せいただく。


中の島を修復工事中の府庁の方と。

まだ桂川には流された倒木、草木、ガレキが若干残っていましたが、ずいぶん水もひいています。
再建がこれからという店舗もありますが、秋・紅葉のシーズンに向けて、嵐山はいつもの景色を取り戻しつつあります。トロッコ列車も運行を再開しています。
是非、京都観光にお越しください。

午前中、嵐山に向かったのち、最も家屋の浸水がひどかった梅津地域の住宅へも伺いました。

青木よしか市議に大変お世話になりました。そして、復旧作業等でお忙しいところ、とてもあたたかく応対いただいた皆様に心から御礼申し上げます。
連休明け、早速、東京で各府省庁を呼び、状況を伝えさせていただきました。