10/16

2013

IPU会議に出席


昨日から今日にかけて、東海・関東・東北地方を中心に台風26号による被害が発生しています。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。
党としても災害対策本部で状況把握に努め、早期の対応を促して参ります。

さて、先週、スイス・ジュネーブで開催された、第129回IPU(列国議会同盟)会議に出席しました。

10月7日午後に開かれた「持続可能な開発、金融及び貿易に関する第2委員会」討議に関するパネルディスカッション「危機に対し強靱な開発に向けて」では、日本国会代表団として発言の機会をいただきました。東日本大震災をはじめ地震・自然災害の多い我が国における防災対策、複合災害への備え、災害弱者への配慮、気候変動問題への取り組み等について発言いたしました。

また、IPU会議の合間をぬって、長妻昭衆議院議員とともに、世界エイズ・結核・マラリア対策基金の本部を訪ねました。先月、ミャンマー視察でご一緒したクリストフ・ベン渉外局長及び國井修戦略投資効果局長とお会いし、お話を伺いました。
日本が生みの親ともいえる、この世界基金。確実に成果を上げられており、「人間の安全保障」を提唱する日本外交にとって応援しがいのある、また、するべき基金です。