12/02

2013

「国民の怒り・不信の声、さらに広がる」


こんにちは。
今日も朝から、参院 国家安全保障特別委員会が開かれています。

この土曜・日曜、あちこちで「がんばれ!」「筋を通せ」「秘密法案はつぶしてほしい!」と励ましの声をいただき、多くの力を頂きました。
ニュース映像等で、私が怒鳴っている姿が何度も映し出されているようですが、本来、私はあんなに声を荒げるような人間ではありません。ただ、与党のあまりにもひどい横暴な委員会運営に強く抗議したい気持ちからです。

そんな最中、自民党の石破幹事長が驚くべき内容をブログに書かれた事実が明るみにでました。
曰く「議員会館の外では「特定秘密保護法案絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています」「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」。
曰く「一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主義とは相容れない」とのこと。

デモは、国民の法的に認められた意思表示の手段です。テロは、犯罪行為です。これらを同列に扱ったこと自体が、大変な問題です。
今回の法案では、国民の「知る権利」への配慮もすっぽり抜け落ちています。
今の政府・与党は、「知る権利」や「表現の自由」といった、民主主義にとって不可欠な最低限の手段を切り捨てようとしています。石破幹事長はデモの大音量を批判していますが、我々政治家が大音量で選挙カーを走らせていることに対する謙虚さがなさ過ぎると思います。デモも選挙カーも、いずれも民主主義にとって必要な装置という点では共通しています。そのことに余りにも無自覚な発言と言わざるを得ません。

本日の審議でも、新しい問題点がまた多く出てきました。
審議されるたびに課題が浮かび上がるという、普通なら考えられないような法案です。
今晩は、原発事故当時のことを日本ペンクラブで講演させていただくことになっています。
特定秘密保護法案についても、議論が出るかもしれません。


2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る