03/10

2014

「第25回全国車いす駅伝競走大会開催!」


先週末の金・土・日は忙しい時間を過ごしました。

金曜には、参院予算委員会で質問に立ちました。
多くのテーマを用意していたのですが、政府側の答弁がなかなかはっきりせず、結局、用意した分の半分もできない有様でした。
これらの詳細は後日報告します。

土・日は、テレビ出演後、新潟へ西村ちなみ前衆議院議員のオープンミーティングにゲストとしてお伺いしました。
西村前議員は、外務大臣政務官として一緒に仕事をし、彼女が厚労副大臣時代はともに自殺対策大綱を作った大切な仲間です。応援団も熱い、ステキな方々でした。
厳しい状況ですが、ぜひがんばり続けていただきたいと思います。

その後、すぐさま京都に帰り、いくつかの会合に顔を出したあと、夕刻からは、第25回全国車いす駅伝競走大会の開会式とレセプションに出席しました。参院議員ではなく、京都府身体障害者団体連合会会長として、主催者の一人としての参加です。
開会式・レセプションは、高円宮妃久子殿下のご臨席を仰ぎましたが、選手一人一人にお声をかけておられるお姿に感動いたしました。最年長は80歳、最年少は14歳、連続25回出場の方、パラリンピックでのメダリスト等々、多士済々の選手がそろいました。

翌日は、宝ヶ池をスタート地点とし熱戦が繰り広げられました。
優勝は、福岡の3連覇。京都Aチームは惜しくも4位でした。京都Aチームの佐野純一郎さんは、前夜の開会式ですばらしい選手宣誓をして、最後に自らのことを秘密兵器と名乗り、会場を沸かせていました。結果は、ナント2区の区間賞を受賞。すばらしい走りでした。さすが秘密兵器!
また、ユース21京都をはじめ、多くのボランティア、京都陸連のお力添え、たくさんの関係者のご尽力に心から感謝を申し上げます。
すばらしい天候のもと、すばらしい大会だったと思います。来年も熱戦を楽しみにしています。

車いす駅伝の閉会式のあと、あわてて京都弁護士会主催のシンポジウムに出席。内容は「取り調べの可視化」について。
これは、2010年前後に次々とえん罪事件が明るみに出たことを受けて、大きく世論が動き、民主党政権時に取り組んできたことです。今は残念ながら、ややその気運が弱まっており、政府の法制審議会の議論を再検証しようというものでした。こういった試みは世論のチェックという面で重要な会合だったと思います。

その後、上京。
今日も、先ほどまで予算委員会でした。。