05/02

2014

「昨年に続き、ミャンマー訪問」


こんにちは。ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

私は、4月27日のメーデーに参加したあと、翌28日から昨日までミャンマーを訪問しました。テイン・セイン大統領をはじめ3閣僚の他、与党(USDP)テー・ウー副議長ならびに野党(NLD)アウン・サン・スー・チー議長との会談等に臨みました。
私達の一行は、民主党 日本・ミャンマー経済交流推進議連で、野田佳彦会長(前総理)、枝野幸男会長代行(前経産大臣)をはじめ、これまでミャンマーに関係の深い議員で構成されています。私は、議連では事務局長を務めています。
民主化移行後、ミャンマーの発展に日本が寄与することはとても大切なことだと考えています。

私は、昨年、ミャンマーの3大感染症(マラリア、エイズ、結核)対策の視察のために訪問し、今回は半年ぶりになります。ティラワ工業団地を訪れ、ヤンゴン環状線鉄道に乗車し、中央銀行をはじめとした金融システム支援や保健医療分野の状況等も伺い、大変、有意義な訪問だったと思います。
また、ビルマ戦線で亡くなられた兵士の方々の日本人墓地にもお参りをさせていただきました。

詳細はまた報告しますが、とても暑かったです。