05/23

2014

「巨泉さんの傘寿の会に参加」


こんにちは。

昨夜は、あの大橋巨泉さんの傘寿と快気を祝う会が開催されました。
この9年間で二度癌に侵され、10回メスを入れながら元気に80歳を迎えられたとのこと。

巨泉さんが一人一人ご招待状を出されたようで、私のような者にもご案内を頂きました。「何でや?」とお思いでしょうが、約13年前、参議院で同僚議員として大変仲良くご指導をいただいていたからです。巨泉さんは、短い期間で議員を辞職されましたが、当時30代後半だった私に対しても、とても親しくお付き合いを頂きました。

永六輔さん、王貞治さん、ホリプロ創業者の堀威夫さん、菅直人元首相等々から心温まるご挨拶があり、その後、主役の巨泉さんからスピーチがありました。
この9年間、病気をし、メスを10回も入れたけれども、元気です…5年後は金婚式だし、10年後は卒寿です、会費制かもしれないけれども又パーティーをしたいです、皆さんと会えるよう元気でいるつもりです・・・という久々の巨泉節を伺いました。「週刊現代」にも変わらず連載されています。

本当にたくさんの方々が出席されて、パッと会場を見渡すだけでも、青木功さん、江本孟紀さん、宍戸錠さんなどなど、たくさんの有名な方々が来られていて、巨泉さんのおつきあいの広がりと深さを感じました。
私の顔を見た途端、「おー福山、よく来てくれた、よく来てくれた。しっかりしろよ」と言われた巨泉さんの言葉に、現在の政治状況への憂慮と民主党の存在感のなさへのいらだちを強く感じました。

巨泉さんのパーティーに参加した後、北澤俊美元防衛大臣をはじめ、参議院議員14人が集まり、党の現状について語り合う機会を持ちました。このままでは再生の道は開かれない、国民の期待を受けとめられない、との強い危機感を共有しました。


2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る