10/29

2014

「維新、みんな、それぞれとの政調会長会談を実施」


こんばんは。

夕方に、維新の党との政調会長会談を開催しました。
民主党が提出を予定している「一括交付金復活法案」に対して、維新の党から提案があった国と地方公共団体との関係を抜本的に改革するために役割分担の見直し等の内容を盛り込んだ、政府の法案への対案について合意しました。今後、各野党に呼びかけて、国会に提出していく運びになります。

さて、今日も朝からびっしりとしたスケジュールでした。
今朝は、全国石油商業組合連合会との意見交換をおこなった後、昨日の衆院本会議で審議入りした労働者派遣法改正案成立阻止のため、連合の皆さんが終日行っておられた国会前座り込みに激励にかけつけました。連合による座り込みは後期高齢者医療制度廃止を求めた2008年以来6年ぶりです。
今回の改正は、中間層を破壊し、生涯派遣を助長するものであり、国会で問題点を徹底的に追及していくと挨拶しました。

参議院本会議後、みんなの党との第1回目の政調会長会談を行いました。民主党の「一括交付金復活法案」へのご協力を模索すること、いわゆるヘイトスピーチ規制法案や領海警備法案について各党の成案をまとめ協議にのせていくこと等を確認しました。
今後も週1回のペースで定期的に開催していくことを合意しました。

また、近畿税理士政治連盟の先生方の訪問を受け、来年度税制改正に対する要望を受けとりました。