11/04

2014

「派遣法審議、冒頭から強行。特定秘密保護法の悪夢再び…」


こんばんは。

衆議院厚生労働委員会は、委員長が職権で、強行に明日の委員会をセットしました。
与党自ら修正案を出し、欠陥があると認めてしまっている法案であり、その審議をムリヤリ行うとするのは認められません。昨年の臨時国会では、特定秘密保護法を強行採決の連続でしたが、同じことがされるのではと危惧しています。

先週金曜日の日銀による追加金融緩和の影響で、株価が大きく値を上げたものの、為替は約5円の円安となりました。
米国が金融緩和を終了する中での今般の追加緩和はかなり強いカンフル剤であり、「異次元の金融緩和」の出口を不透明なものとし、急激な円安や輸入物価の上昇に伴い中小企業や家計・生活者を苦しめることになります。

さて、今日は、参議院予算委員会が開かれ、内閣の基本姿勢に関する集中審議が行われました。
民主党からは、桜井充議員、水岡俊一議員が質問に立ち、安倍政権の経済対策の副作用、高校授業料無償化の所得制限による弊害等々について、政府を厳しく追及されました。

また、夕方に開催した党「次の内閣」閣議では、地方創生関連法案への賛否について、私と渡辺NC担当に一任されました。対案的な位置づけである「国・地方関係の抜本的な改革推進法案」を共同提出した4党で、同一歩調が取れるよう調整していきます。

最後に、先週末の動きを2つ。
11月2日、京都で第11回「命輝け京都第九コンサート」を鑑賞しました。
これは、ベートーヴェンの第九交響曲「歓喜の歌」を障害のある方もない方も一緒に、おおよそ500人近い人が一生懸命一年掛かりで練習して、ボランティアの皆さんが練習場への移送やいろんな形で関わって、みんなで合掌するものです。
私自身、20年近く前から片隅でボランティアとして関わってきました。満員のコンサートホールで、障害の有無を問わず一緒になって合唱する姿には、いつも大変な感動を与えていただいています。今年も同様でした。皆さん、お疲れさまでした。

その後、東京に移動し、先日も呼んでいただいた、映画「無知の知」のトークイベントに出演しました。映画の内容についてこれまで何度かお知らせしましたが、11月1日から全国13劇場で一般公開されています。機会があれば、是非ご覧ください。
http://muchinochi.jp/information.html