11/18

2014

「過半数割れで退陣宣言?」


先ほど総理の会見を生で拝見しました。

やはり何のための解散か全く分かりません。

それほど経済が厳しいなら、なぜ解散・総選挙で政治空白をつくるのでしょうか。
経済対策に力を集中しないのでしょうか。
また、アベノミクスの成果が出ており、このまま続けたいという主旨のことを言われましたが、それならなぜ消費税増税を延期するのでしょうか。
15ヶ月連続で実質賃金がマイナスで、政府の想定通りには輸出は伸びていません。
このことに対する反省も対策も何ら示されませんでした。

選挙の勝敗ラインについて、過半数割れをすれば退陣すると言われました。
圧倒的多数の議席を擁している政府・与党にしてはあまりに消極的な発言です。
まるで、過半数ギリギリまで負けてしまうことをあたかも想定しているようです。

アベノミクスの継続、さらには安倍政権のこれまでの強権的な体質が争点になったことは明らかです。
やはり、自己チュー・不祥事隠し・アベノミクス失政・国会も政策もすべて投げ出し解散です。

あたかも政権を継続できる前提で法案の景気条項を削ると言われましたが、18ヶ月後はアベノミクスでもっと経済が悪くなろうが、国民の生活がどうであろうが、増税が待っているという宣言だと思います。