05/29

2015

「衆院特別委員会、紛糾!」


こんばんは。
今日の衆院本会議で、ダンスに対する規制を緩和する風営法改正案が可決されました。今後、審議の場は参議院に移ります。

さて、安全保障法制を審議する特別委員会では、民主党の後藤議員の質問に対して、外務大臣が正面から答えず、何度も同じ答弁を繰り返したため、審議が紛糾し、野党側が退席する異常事態となりました。その後もはっきりとした答弁が得られず、そのまま散会となりました。
これは、政府側が答弁できず、苦しい状況になっていることの証左です。

昨日も、辻元議員に対して「早く質問しろよ」と答弁席から安倍総理がヤジを発しました。もちろん、委員会は騒然。総理の謝罪答弁で再開した始末です。
総理本人はヤジに対してすぐに反応するにも関わらず、自らが質疑者に対してヤジを発することが度重なっています。

まだ委員会の審議はわずか3日目にも関わらず、このような状況になっていること自体、こちらの質問に対して論理的に整合性のある答弁ができないことの裏返しではないでしょうか。
ニュース等でどれだけ詳細に伝わっているかわかりませんが、引き続きお伝えしていきたいと思います。