06/05

2015

「憲法審査会の参考人全員が違憲と断じる!」


こんばんは。
国会が6月に入って、だんだんと荒れ出しています。

まずは、安全保障法制の関係です。
衆議院特別委員会は、3日(水)が流会になり、今日から再開しています。
そもそも流会の責任が与党理事にあり、その自民党の理事が謝罪しているにもかかわらず、自民党の副総裁は、さも野党が審議拒否をしているかのようなコメントを発出しています。まさに事実を歪曲しています。

また、昨日の衆議院憲法審査会では、参考人に呼ばれた憲法学者三人全員が、今回の安全保障関連法案について「違憲」と断じました。自民党が推薦した参考人まで違憲を主張しました。前代未聞です。
これに対し、自民党の幹部は、動揺は隠せないものの、そろって「人選を間違えた」と発言しています。これらの参考人の意見表明に謙虚に耳を傾けることなく、このような発言を繰り返す姿勢がそもそも間違っているのではないでしょうか。
さすがにメディアも「三人全員違憲」は報道したようです。

参考人の発言は、民主党がとりまとめた安保法制に関する考え方にある、「新3要件」は立憲主義に反した便宜的・意図的な解釈変更であり、専守防衛の原則から明らかに逸脱しているということと軌を一にしています。

一方で、年金情報流出事件では、民主党の対策本部が連日開催され、野党の要求に応じて衆院厚労委員会でも集中審議が行われました。次々と新たな事実が出てきています。
厚労省、年金機構の対応は後手後手に回り、危機感のなさは呆れるばかりです。