07/15

2015

「昨日の野音報告。強行採決は認められません!」


おはようございます。

昨夜、日比谷の野外音楽堂で開催された安全保障法案強行採決反対、廃案を求める集会に参加しました。
野外音楽堂はギッシリ超満員、会場の外にも多くの人々が集まり、参加者は2万人を超えたとのことでした。集会開始前に、制服向上委員会のメンバーによるミニコンサートがあり、会場は大いに盛り上がりました。民主党からは代表して枝野幹事長が挨拶をしました。「戦争をしない国であり続けるために、安倍政権の暴挙を止めようとするすべての政党、すべての国民の皆さんとしっかりと連携、連帯し、そのなかで民主党はしっかりと責任を果たして行くことをお約束する」と、とても力のこもった挨拶で会場の熱気はさらにヒートアップしました。
会場をあとにすると、出口のところで制服向上委員会のメンバーとばったり。「すばらしかったですよ、がんばってください」と激励し記念撮影。

この国民の声を、安倍政権や自民党はどう受け止めているのでしょうか。
今も、衆議院で特別委員会の審議中です。民主党も出席し、長妻筆頭理事、大串委員、辻元委員が質問しています。
強行採決するような環境は全く整っていません。

一方、参議院の選挙制度改革について、昨日、民主・公明・無所属クラブ・生活の4会派で、最大格差を1.945倍に縮小する公選法改正案を共同提出しました。自民党が検討している案は最大格差2.974倍(最新の調査では3倍を超える数字もあります)です。
最高裁での憲法違反の疑いを指摘されているにもかかわらず、ここでも自民党は責任を果たしていません。