07/15

2015

「問答無用の強行採決に強い怒りを覚えます」


こんにちは。

つい先ごろ、午後12時過ぎに、衆議院の特別委員会で安全保障法案は与党単独で強行採決されました。怒号と悲鳴が飛び交い、大勢の議員が委員長席に詰め寄り、反対を叫ぶ中、大混乱でした。
こんな採決は認められません。審議を進めれば、進めるほど支持率が落ちる、その焦燥感なのでしょうか、無理やり問答無用で審議を打ち切るような安倍政権のやり方には怒りを覚えます。

まだまだ、闘いは続きます。国会内外で、廃案に向けて世論の大きなうねりを作っていかなければならないと思います。悔しいです。