08/06

2015

「広島原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列。」


こんにちは。
連日の安保特別委員会の審議から離れ、今日は広島にいます。

8月6日 広島の原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列しました。70年の節目にあたり、改めて、原爆の犠牲となられた方々に哀悼の意を表するとともに、今なお後遺症等に苦しんでおられる方々にお見舞いを申し上げます。

今日の暑さは、70年前の朝と同じようだ、と被爆者の方が言われていました。
1945年の暮れまでに約14万人もの尊い命が失われました。あの東日本大震災も約1万5000人の亡くなられた方がいらっしゃいましたが、その10倍です。想像を絶します。

先日の沖縄の式典と同様、安倍総理にヤジが飛びました。これも異例のことです。
「被爆者代表から要望を聞く会」で、広島の被爆者7団体の皆さんから、「憲法違反が明白」として、安全保障関連法案の撤回を求める要望書を安倍総理に手渡されたとのこと。

式典の後、資料館にお伺いしました。何度来ても言葉が出ません。筆舌に尽くしがたい光景と記録が残っています。人間の愚かさと残酷さ、戦争と核兵器の非人道性を感じずにはいられません。
昨日の審議で、今回の後方支援では、核兵器について「法律上は特定の物品の輸送を排除する規定はない」として、法理上、輸送できるという答弁が飛び出しました。日本をどんな国にするつもりなのでしょうか?

式典、資料館の後、広島県被団協主催の死没者追悼式に出席、広島原爆養護ホーム「舟入むつみ園」を慰問しました。

明日は衆議院の予算委員会です。
参議院の特別委員会では、変わらず礒崎補佐官の参考人招致を求めています。