08/07

2015

「非核三原則について」


こんにちは。
今日は、衆議院の予算委員会集中審議が開催されました。

昨日の広島平和祈念式典での総理挨拶の中で、非核三原則に触れなかった件について、「非核三原則は当然のことで、その考え方に全く揺るぎはない」と答弁し、長崎での挨拶では、非核三原則の文言は「入っている」と明言しました。
なぜ長崎では入れるのに、広島では入れなかったのでしょうか。お粗末の一言です。

もし、官邸内のスタッフが、挨拶の文案を検討する段階で、非核三原則の文言を抜いて提案していたとしたら、大問題です。普通は考えられません。
また、その挨拶原稿を、総理や官邸内の政府高官が、見落とすか、文言を落としたままでいいと判断していたなら、さらに問題です。
さらに、総理の判断で文言を意図的に外したとしたら、それこそ、いくら弁解をしたところで「非核三原則」をないがしろにしたと言わざるを得ません。
そして、長崎の式典での挨拶で改めて文言を入れるとしたら、まさに、広島での挨拶の不備、不注意、配慮のなさを認めたのも同然です。

「非核三原則は当然」などという答弁は、全く説得力がありません。