08/10

2015

「参院安保特委報告8日目。予算委員会」


こんばんは。

安保法制特別委員会は、礒崎総理補佐官の再度の参考人招致、政府統一見解や要求している資料の提出等を求めて、朝から夕方にかけて断続的に与野党の理事間で厳しい交渉を行いました。
交渉の結果、午前中までに資料の提出に最大限努力するということで、明日は午後1時から一般質疑を野党のみで4時間16分行うこととなりました。

一方、今日は参議院予算委員会で集中審議が開催されました。
民主党からは蓮舫議員が質問に立ち、特に新国立競技場問題について総理を厳しく追及しました。
見直しをどこで誰が検討していたのかを含め決定した経緯、見直しの検討を極秘に進めていたという時期に契約を交わしてしまっていた案件の存在等…不透明な意思決定、責任体制の不明確さが浮き彫りになりました。

また、広島市の平和祈念式典における挨拶について、総理は「非核三原則の堅持」を当然と言いながら、自ら削除したことを認める答弁がありました。それなら長崎でなぜ戻したのか、理由も謝罪もなく、明確な説明もありませんでした。
予算委員会の審議の模様はこちらからご覧ください。

毎日新聞の世論調査では内閣支持率が32%まで下落しました。埼玉県知事選でも自民党県連推薦候補が惨敗。
国民の怒りが結果に表れ出しています。