08/21

2015

「参院安保特委報告12日目」


こんばんは。

今日は、午前中に本会議が開かれ、刑事訴訟法改正案について代表質問が行われました。
法務大臣の答弁が不明確で、小川敏夫議員が2度も再質問する有様。衆議院で、与野党修正協議が整いましたが、まだまだ問題点の多い法案です。

刑事訴訟法改正案が付託される法務委員会では、その前に民主党等の議員立法「ヘイトスピーチ規制法案」が審議されています。画期的なことですが、野党提出の法案が審議され、採決直前になっています。ずっと自民党は消極的でしたが、ギリギリになって自民、公明等から、修正協議の申し出があり、与野党4党による協議が行われており、この法案については改めてご報告したいと思います。

午後からは、安保特別委員会が開かれ、総理出席・テレビ中継で3時間の集中審議が行われました。各党からは、礒崎総理補佐官の罷免要求や武藤議員の議員辞職要求などがなされ、政府・自民党、安倍総理の姿勢に批判が寄せられました。

民主党からは蓮舫議員が質問に立ち、新設される自衛隊法95条の2(武器等防護)の問題、法理上の歯止めがない問題を厳しく追及しました。防衛大臣の答弁が右往左往し、時間を費やす場面が非常に多くなっています。法案の基本的な問題に答弁がブレる場面が多く、秘書官が背後からメモを入れるケースが目立ちます。
さらに、総理の不規則発言(またもや答弁席からヤジを入れ、指摘を受け、撤回)もあり、委員会後の理事懇で、与党理事から、撤回とおわび、防衛相の答弁に対しては委員長から防衛省に注意がありました。

今日の委員会審議の模様はこちらからご覧ください。

次回の特別委員会は、来週25日(火)に、再度、総理出席・テレビ入りの集中審議が行われます。私も質問に立つ予定です。
また、その前日、24日(月)には、参議院予算委員会も総理入りで開催されます。連日の審議が続きます。