09/16

2015

「参院安保特別委報告23日目。再度の強行採決。」


おはようございます。

昨夜は、中央公聴会後の理事懇談会で、突然締めくくり的総括質疑の申し出があり、こちら側が到底受け入れられない、と大もめにもめて、一度中断しました。再開後、むりやり強行採決されたため、大混乱しました。

一方、参院安保特別委員会では、午後から中央公聴会が開かれました。6人の公述人からご意見を伺いました。
それぞれの公述人のお話しは、素晴らしく、歴史に残る公聴会だったと思います。
この中央公聴会でも、採決は時期尚早との意見があり、まだ今日の地方公聴会での話も聞いていない段階での提案は断じて認められません。

その公聴会では、学生団体SEALDsの中心メンバー・奥田愛基さんも公述人として出席いただきました。奥田さんは、日本全国で2000カ所以上、累計130万人以上が主体的に路上に出て声を上げていることを紹介し、説明不足で、到底納得することができないと話されました。
奥田さんの「与野党の皆さん、どうか若者に希望を与えるような政治家でいてください。国民の声に耳を傾けてください」との発言を受けとめれば、その直後に締めくくり的総括質疑を提案するなど考えられません。
また、濱田邦夫・元最高裁判事も、ストレートな物言いで、政府案の違憲性を明快に指摘されました。
昨日の公聴会の模様はこちらからご覧ください。

今日は13時から、新横浜プリンスホテルで地方公聴会が開催されます。強引な委員会運営には納得できませんが、地方公聴会は外部の方が来られるので、予定通りです。
その後の動きも含め、引き続き緊張感をもって、臨んで参ります。


2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る