03/28

2016

「民進党はじまる。幹事長代理に就任します。」


こんばんは。

新しい民進党の幹事長代理に就任することになりました。よろしくお願いします。
今朝は早速、新党結成を四条大宮の交差点での街頭演説で報告させていただきました。

さて、昨日、3月27日民進党の結党大会が開かれました。
民主党は、結党から20年、区切りの年に幕を閉じることになりました。
民主党はもともと「未来からの風」とややロマンティックな理念を掲げ、当時、2010年までに日本を変える時限政党であると謳いました。2009年の政権交代まで13年の年月を費やしましたが、私は、「2010年」に歴史的な政権交代が間に合ったことを興味深く感じていました。

その民主党を卒業して、新たに民進党の船出です。
結党宣言、綱領、ともに国民に納得いただけるものができたと思います。現在の安倍政権の立憲主義や民主主義をないがしろにする姿勢、アベノミクスに見られる経済政策や社会政策に対抗しうる勢力としてのメッセージが込められています。民主党の綱領になかった、2030年代原発稼働ゼロを前提にした文言も入りました。
国民とともに進む、国民のために進む、政党です。

岡田代表の挨拶では、政権担当時に国民の期待に応えられなかったことの反省にも言及がありました。
緊張感のある、国民のための政治を創造するには、健全な野党の存在が不可欠です。アメリカもイギリスも同様です。現在の自民党議員の不祥事続きや失言、暴力沙汰などを見れば、やや呆れるほどです。

昨日来賓で御臨席を賜った、連合の神津里季生会長、脳科学者の茂木健一郎さん、東京大学社会科学研究所の大沢真理教授、シールズの奥田愛基さん、それぞれに愛情ある、深いメッセージ性の強い素晴らしいご挨拶を賜りました。
マスコミは各種の世論調査で、「新党に期待する」がわずか30%前後と揶揄して報道しますが、民主党の支持率が10%前後だったことを考えると、大変有難いスタートのような気がします。この30%前後の期待してくださる層をどう支持に変えていけるか、民進党の努力にかかっています。
どうかよろしくお願いします。

綱領、結党宣言、党大会の様子などは出来たてのホームページでご覧いただけます。ご笑覧ください。


2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る