03/29

2016

「安保法施行に抗議する」


こんばんは。

昨年の9月19日強行採決された安保法制が、今日、施行されることとなりました。
あの半年前から、日本は何も変わっていません。安保法制反対、廃止を願う国民の声は、まったく収まっていません。毎月19日には各地でデモや集会が開かれています。
法案強行採決後、「これから粘り強く説明を行っていきたい」と言っていた総理は臨時国会を開かず、逃げました。今国会でも、ほとんど説明はされませんでした。
「駆けつけ警護」、米艦防護、日米物品役務協定の改定案等々は施行に間に合わせず、先送りしています。「安全保障環境が変化しているから、一刻も早く」と言って無理やり強行採決をしたのではなかったのでしょうか。これも参院選挙対策の目隠しのようなものです。信じられないやり方です。

今日の各新聞の社説は、施行に対して、反対と賛成が真っ二つでした。どの新聞を読むかで、世の中の見え方が全く異なる社会になりました。経済格差も含め、日本がこのような分断社会になっていることに危機感を覚えます。

安倍政権は、選挙のたびに「経済、アベノミクス」を掲げ、選挙後には、その都度、特定秘密保護法、安保法制を強行に押し進めてきました。今回も消費税再延期をちらつかせ、アベノミクスの失敗を覆い隠し、憲法改正は争点ではないと言いながら、衆参同日選挙まで視野に入れています。
この安倍政治を何としても抑えなければなりません。

戦後日本の先人が創り上げてきた立憲主義、民主主義を守る闘いは続いています。
今も、国会前には、昨年のようにたくさんの国民が集まってくださっています。私も参加をしてきました。

また、軽減税率を前提とした消費税引き上げを含む、予算案も今日、成立しました。もちろん民進党は反対しましたが、安保法制施行とともに、暗澹(あんたん)たる思いになりました。
まずは補欠選挙です。