04/15

2016

「熊本県で震度7」


おはようございます。

昨夜、熊本県で震度7を記録した大規模地震を受けて、民進党として21時34分に熊本地方地震緊急情報連絡室を設置しました。
私自身もあの時間なので外にいたのですが、その場から旧知の仲であった蒲島 熊本県知事に21時31分に電話連絡をとり、つながりました。その後すぐ党本部に入りました。枝野幹事長はすでに入られていて、そのあと地元の松野衆議院議員、今井幹事長代理も集まり、22時50分、情報連絡室を熊本地方地震災害対策本部に切り換え、熊本県連とも連携して、情報収集を行いました。

朝になって、益城町を中心に、亡くなられたり負傷をされている状況、建物の被害の状況が少しずつ明らかになってきています。体に感じる余震もすでに100回を大きく超えています。
亡くなられた方に哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。政府においては、引き続き、早急な被害状況の把握に努めるとともに、人命救助に万全を尽くしていただきたいと思います。眠れない夜を被災地や官邸、たくさんの方々が過ごされたと思います。心からお見舞いと敬意を表します。
また、震災対応を優先してもらうため、国会審議の一時休止を政府・与党に提案することを決め、今日の衆TPP特別委員会は先ほど休憩になりました。

これから、9時30分より、対策本部として政府から被害状況のヒアリングを行う予定です。