05/14

2016

「ヘイトスピーチ対策法案、参院通過。部落差別解消推進法案、前進。」


こんにちは。

昨日の参議院本会議で、ヘイトスピーチ対策法案が可決され、衆議院に送られました。
与党との間で修正協議を続けていましたが、実態を踏まえて差別に対する取り組みを検討していくことを附則に盛り込むことに加え、法律で定義していること以外も含めていかなる差別的言動も許されないこと、ネット上でのヘイトスピーチにも対処することの付帯決議をつけることで合意しました。
民進党は、ヘイトスピーチが問題視され始めた頃から、国連人種差別撤廃条約を受けた基本法として「人種等差別撤廃施策推進法案」の制定に取り組んできました。その意味では、法案の内容は不十分ながら、小さくとも一歩前進するものとして賛成しました。我々の議員立法が否決されたことは残念でした。

また、今国会で与党で検討されてきた部落差別解消推進法案については、民進党法務部門会議や党人権政策推進議連で了承し、党内手続きをほぼ終えました。内容は、これもまだまだですが、小さなスタートでも、第一歩を踏み出すために、会期末の厳しい日程の中、成立に向けて努力します。

明日は、民進党京都府連の結党大会、私自身の事務所開きなど忙しい1日になりそうです。