05/20

2016

「党首討論とテレビ出演のお知らせ」


こんにちは。
昨日、17日の予算委員会での質問内容についてお伝えしましたが、もう一点、ご報告したいと思います。

現在、規制改革会議等で議論されている「民泊」についても関係大臣に質問しました。
京都市が行った民泊の実態調査によれば、民泊施設2702件のうち無許可のものが1847件(68%)、所在地が特定できない施設が約半数、用途違反が322件など、極めて問題の多い実態が明らかになっています。
この点について質したところ、厚労大臣から、テロも感染症も含めた利用者の安全性、近隣との関係等も考慮した上で、民泊を行政の把握可能な状態に置くことが大事であるとの答弁がありました。
国の実態把握は不十分で、違法なものを合法化することが規制緩和ではありません。課題を精査して、きちんとルール化することが重要です。引き続き注視したいと思います。

水曜日には、党首討論が行われました。
岡田代表は、現在の経済情勢を鑑み、以下の4点を述べた上で、来年4月からの消費増税は見送るべき、だと初めて明言されました。
(1)2020年度基礎的財政収支黒字化目標の堅持
(2)行財政改革
(3)社会保障充実を予定通り来年度から実施
(4)軽減税率の白紙化
また、1年半前の総選挙でアベノミクス解散といい、「必ず消費税を上げられる状況に持っていきますよというふうに国民に約束した、その約束が果たされていないなら、内閣総辞職だ」と迫りました。安倍総理は、長々と言い訳がましく答弁するばかりでした。

憲法改正についても平和主義に関して、国の根幹に関わる重要な議論がなされました。
日本が戦後作り上げてきた平和主義と安部総理の掲げる積極的平和主義は、自衛隊の専守防衛のあり方から考えても大きく異なることが明らかになりました。大いに国民的議論が必要です。

最後に、テレビ出演のお知らせです。
22日(日)にテレビ出演します。
詳細は以下の通りです。お時間のある方はご覧ください。
◆フジテレビ系「新報道2001」
【日 時】 5月22日(日)7:30~8:52
【テーマ】アベノミクスの現状と今後は? 国民の不安に政治はどう答えるのか?
http://www.fujitv.co.jp/shin2001/