03/12

2018

「驚くべき事態」


こんばんは。
今日の午後、驚くべき改ざん前の文書が開示されました。
これまで「忖度、改ざん、隠蔽の疑いがあるのでは?」と審議されてきた内容をまさに裏付けするものでした。
森友問題発覚から約1年。「国会審議の時間を返せ」と言いたい気持ちです。

日本の政治史上あってはならない事態が起きているという認識です。
以下は、野党幹事長・書記局長会談の後の私のマスコミへの発言要旨です。
少し重複することもありますが、ご紹介します。

残念ながら、いまのところ、与党は幹事長会談に応じる様子はありません。

*****

この決裁文書改ざんについては、事実を隠ぺいする驚くべき事態であり、国会審議の信頼と前提を覆す、前代未聞の異常事態である。日本の民主政治の危機、崩壊そのものである。
財務省理財局だけでこれらの判断をすることなど、絶対にあり得ない。官僚だけに責任を押し付けることで済まされるはずもない。安倍政権の責任は、極めて重い。政府の信頼は失墜している。
政府が与党とともに、責任の所在、何故このような事態に至ったかについて、今後どのように国会、並びに国民に説明するかが問われている。

この状況を打開するために、政府・与党がわれわれ野党に向かって、また国民に向かって、事態の収拾へどういった提案をしてくるのか、責任を果たすよう、強く求めていきたい。

まさに国会審議に入れるような状況にはない。根底から信頼が覆っている。
与党の幹事長に野党の総意を伝えることによって、政府・与党から回答を得ていきたい。

以上


2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る