05/22

2018

「野党幹事長・書記局長会談」


こんにちは。
昨日の愛媛県から提出された新文書を受けて、急きょ、野党5党1会派の幹事長・書記局長会談を開催しました。

昨夜からメディアは、安倍総理の答弁とのくい違いを強調して報道しています。当然です。
安倍総理は、昨日は無言、今日になって「面会の事実はない」とぶら下がりでコメントしましたが、全く信用できません。愛媛県が公文書として国会に提出したものに対して、言葉だけの反論では何の説得力もありません。

幹事長・書記局長会談では、以下の点について認識を共有しました。
ご報告します。

○これまで一年にわたり安倍総理が国会で虚偽答弁を繰り返してきた疑いがより強まったと言わざるを得ない。立法府と行政府の信頼関係が失われ、安倍総理の進退が問われる重大な局面を迎えた。

○獣医学部新設が「はじめに加計ありき」「官邸ありき」で始まったことが新文書から明らかになった。「首相案件」「官邸の最高レベル」「総理のご意向」という文言の信憑性はより深まった。これまでの安倍総理ならびに政府の説明とは全く異なっており、柳瀬元秘書官の参考人質疑も事実を語っていない。言語道断である。

○愛媛県から公文書という形で国会に提出された以上、反証は政府・与党の責任である。もし、新文書の内容と異なる事実を示したいのであれば、与党は、柳瀬唯夫元総理秘書官と加計孝太郎理事長の証人喚問、ならびに中村時広愛媛県知事の参考人招致を拒否するべきではなく、速やかに実現すべきである。

○真相究明が最優先であり、速やかに十分な時間をとって、複数回の集中審議を開催すること。

○強引な運営の下での法案審議、強行採決は絶対に認められない。

○本日からあらゆる委員会、本会議の場で、野党5党1会派は徹底追及していくことを、各党の各委員に指示する。

以上です。


05/21

2018

「愛媛県から新たな文書が」


こんばんは。
今日、参議院予算委員会理事会に、愛媛県から27ページにわたる衝撃的な文書が提出されました。

その文書によれば、柳瀬元秘書官と加計学園や愛媛県職員等が面会したとされる平成27年4月2日より前の2月25日に、安倍総理と加計孝太郎理事長が面談したということが書かれていました。

その内容は以下の通りです。

「2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは「そういう新しい獣医大学の考えはいいね。」とのコメントあり。
また、柳瀬首相秘書官から、改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し、提出する予定。」

総理が昨年1月20日に案件を知ったということも、加計孝太郎氏から獣医学部の話を聞いたことがないということも、虚偽であった可能性が高まりました。
その他にも、安倍総理や柳瀬氏のこれまでの答弁を覆すような新しい事実が書かれています。

なぜ与党が、中村愛媛県知事の参考人招致を拒否し続けているのか、なぜ柳瀬氏の証人喚問を拒否して、罪に問われない参考人質疑にしたのか、理由はこういったことだったのかとしか考えられません。


04/19

2018

「野党6党幹事長・書記局長会談」


こんばんは。

昨夕、野党6党の幹事長・書記局長会談を開催しました。
政府・与党に対し福田財務次官の罷免(直後に辞任)や、森友・加計問題の全容解明のため柳瀬元総理秘書官はじめ関係者の証人喚問等、以下4項目を強く求めることを確認しました。
1.麻生財務大臣の辞任、並びに福田淳一財務事務次官の罷免を強く求める。
2.森友・加計問題の全容解明のため、柳瀬唯夫元総理秘書官をはじめ、関係者の証人喚問を強く求める。
3.財務省による文書改ざん問題の調査結果の4月中の公表、並びに改ざん前の文書の全容の即時公開を求める。
4.自衛隊の日報問題の真相究明、並びに自衛官の暴言問題の早期の事実確認を強く求める。

本日午前、二階幹事長と会談をおこない、野党6党幹事長・書記局長会談で合意した4項目について申し入れ、速やかに回答するよう求めました。

その後、午後になって、自民党から回答が来ましたが、全くのゼロ回答。到底理解できません。

財務省は今、財務事務次官と国税庁長官が不在という異常事態です。麻生大臣にはセクハラ問題の対処も含め大きな責任があると言わざるを得ません。
立法府と行政府の関係は崩れ、官僚に対する信頼も失墜しています。国会審議の前提と信頼は壊れており、国会審議に入れる環境を整える責任は政府・与党にあります。
今夕の野党幹事長・書記局長会談において、野党6党は一致して、新しい日程協議には入らないことを確認しました。
与党に、1日も早く国会審議が正常化する環境を整えるため、野党側の要求に応じることを引き続き強く求めます。


04/12

2018

「混迷続く国会」


こんばんは。

昨日の衆院予算集中審議の中で、安倍総理は無理のある苦しい逃げの答弁に終始しました。
枝野代表が「愛媛県の文書には首相秘書官に会ったと書いてある。でっちあげてうそを書いたのか。『記憶の限り、会っていない』という首相秘書官がうそをついているのか。どちらかでしょう」という指摘に安倍総理に全く説得力のある答弁はされませんでした。

あの財務省の太田理財局長が昨年2月22日に菅官房長官への説明の際、佐川理財局長(当時)と同席していたことまで明らかになりました。太田局長は1年前からずっとかかわっていた疑いも出てきました。唖然とします。

毎日毎日次々と新しい事実が出てきます。
これまでの政府の答弁をことごとく覆すものばかりです。
国会で答弁されてきたことが「何が本当で、何が虚偽でごまかしか、全くわからない」状況です。

本来ならもう政権を担えるような状態ではありません。
今日も外交防衛委員会で質疑に経ちましたが、こんなに空しい国会審議は初めてです。

一方で、嬉しいニュースです。
杉尾秀哉参院議員が立憲民主党に入党届を出していただきました。
力強い仲間に加わっていただき、大歓迎です。


04/05

2018

「防衛省でも隠ぺい」


こんにちは。
国会は森友文書改ざん事件で佐川氏の証人喚問後、疑惑の深まりが拡がっているにもかかわらず、またもや新たに、防衛省隠ぺい問題が発覚しています。東京労働局長の権限者にあるまじき発言も問題化しています。

安倍政権によって、立法府(国会)と行政府(政府)の関係がボロボロになっていることに加え、官のゆるみ、あるまじき行為が次々に明るみになっています。

今日、外交防衛委員会で質問に立ちました。
①なぜ昨年3月27日にイラク日報が発見されていたのに、大臣に報告もせず、国会にも提出しなかったのか。
②なぜ今年の1月12日にイラク日報が存在することを確認したのに、約3ヶ月間、小野寺防衛相に報告しなかったのか。
③なぜ3ヶ月経って、今年3月31日の小野寺防衛相への報告のときでさえ、まだ昨年3月の認識の事実について報告しなかったのか。
④なぜ4月2日の防衛相会見のときに、昨年3月27日の認識を知らなかったものが、わずか2日で、そのことを防衛相に報告できたのか。
⑤本当に昨年の特別防衛監察のときにイラク日報の問題は報告していないのか。
⑥南スーダン日報を開示しないと事務次官が決定した昨年2月16日と同じ日に、イラク日報の存在を否定する回答をしている。結局、どちらも開示する気がなかったのではないか。
結局、明解な答弁は得られませんでした。
(審議の模様はこちらをご覧ください。 https://goo.gl/oscuv8 )

今回の防衛省がイラク日報の存在を一年間にわたり国会に隠し続け、虚偽答弁を続けた問題は、その構造は財務省の文書改ざん事件と極めて同根と言わざるを得ません。国会審議の前提と信頼が大きく揺らいでいます。

今回の問題の構図を整理すると、次のようになります。
【防衛省】
国会-イラク日報存在を否定。その後、国会にも提出せず。
特別防衛監察でも明らかにせず。
【財務省】
国会-改ざん前文書の存在を否定。その後、国会にも提出せず。後に改ざん。
会計検査院にも改ざん文書を提出して、事実を隠ぺい。

何度も指摘していますが、安倍政権は国会で真実を語りません。フェイク答弁にフェイク答弁を重ねても、真実にはなりません。
憲政史上大きな汚点となるような国会の様相を呈してきました。



2019年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る