03/15

2016

「党名は「民進党」に。」


おはようございます。

昨日、党名検討チームと新党協議会が開催され、新たな党名を「民進党」とすることが決まりました。今後、党内手続きに入ります。
前回のメルマガでもお伝えした通り、「立憲民主党」と「民進党」の2案について世論調査を行った結果、民主党側の調査では民進党24.0%、立憲民主党18.7%、維新の党側の調査でも民進党25.9%、立憲民主党20.9%となり、民進党の選択が上回りました。
また、両調査の民主党支持層、無党派層のいずれでも、やはり民進党が上位でした。

昨日、記者団の質問に答えた私のコメントです。おおよそ以下のように回答しました。
「世論調査で結果がはっきり出たものであり、真摯に受けとめ、尊重したいと思います。他方で、国民の声を聞くことで新党の姿勢も表せたのではないでしょうか。
私自身は民主党の名前に誇りも愛着もありますが、結果として、国民が求めていた名前が民進党だったということだと捉え、前向きに考えています。
もちろん党名も大切ですが、政策やいまの安倍政権に対抗する中核として戦うことを示すことが最も重要です。衆院補選、参院選では、新たな党名で闘うべく広く国民に訴えていかなければならないと考えています。 」

約20年間、親しんできた党名であり、党員、サポーター、ご支援いただいてきた皆さんと苦楽を共にし、戦後初の選挙による政権交代まで果たしてきた党名です。心から感謝と敬意を表したいと思います。
民主党から民進党に変わりますが、「市民が主役」から「国民に寄り添い、ともに歩み、前進する」に進化した、と考えたいと思います。
どうか、それぞれのいろいろな思いが交錯されていると思いますが、ご理解いただきたいと存じます。

さあ、再出発です。


03/11

2016

「東日本大震災から5年。党名検討チーム世論調査へ…」


こんにちは。
東日本大震災から今日で5年となりました。本日14時半から追悼式が開催されます。15000人を超える方が亡くなり、いまだ2561人の行方が分かっていません。当時、内閣官房副長官として対応にあたった者の一人として、心より哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまにお見舞いを申し上げます。また、引き続き捜索活動にあたっている方々に感謝申し上げます。

今なお全国で約17万人が避難生活を強いられています。日常が一瞬で崩れ去るという、あまりに重い5年間だったと思います。
岩手や宮城では、災害公営住宅や高台移転事業が進んでいますが、町の姿をとりもどすにはまだ時間がかかります。福島では、福島第一原発の廃炉に向けた作業が引き続き進められていますが、継続する汚染水流出、いまだに残る線量の高さによる作業の困難さのため、長い長い闘いが続いています。残念ながら、今なお困難な課題が数多く存在しています。
大津地裁で高浜原発3・4号機の運転差し止めの仮処分は出ました。画期的です。政府内では、固定価格買取制度を後退させて再生可能エネルギーの拡大にブレーキをかけるような動きもあり、注視しなくてはいけません。

さて、民主党と維新の党との新党結成に関して、今週も断続的に、新党協議会や党名検討チームが開催されました。昨日も、民主党両院議員懇談会が開催され、党名・綱領・政策等について意見交換を行いました。
昨夜、党名検討チームが開催され、民主党からは「立憲民主党」、維新の党からは「民進党」という党名絞り込み案をそれぞれ提示し、議論を重ねました。結果として、今週の土・日の2日間で世論調査を実施し、国民のご意見を伺うことにしました。調査の内容、質問事項は両党共通で実施します。
私たちは、「立憲主義に立脚した自由と民主主義を守る。これまでの歴史を大切にしながら、新たに国民とともに歩む姿勢を明確にする」という理由でこの案にしました。個人的には、昨年の安保国会において、9・19の最終日に「立憲主義と平和主義と民主主義を取り戻す闘いはここからスタートします」と本会議場で叫んだことを思い起こします。先日の党名案募集でも「立憲民主党」は最上位にランクされていました。

2件、お知らせです。
3月10日発売の「Journalism」2016年3月号に拙稿が掲載されています。震災から5年間の政治状況を振り返り、今後の方向性について寄稿しました。関心のある方は是非ご笑覧ください。
また、本日深夜25:25から、テレビ朝日系「朝まで生テレビ」に出演します。テーマは、震災・原発問題です。お時間があればご覧ください。
◆テレビ朝日「朝まで生テレビ」
日時:本日3月11日(金)25:25~28:25(3月12日1:25~4:25)
内容:激論!ド~する?!原発 ~再稼働・核のゴミ・住民は…~
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/


03/03

2016

「党名案募集します」


こんにちは。

昨日の第1回の党名検討チームに引き続き、先ほど、第2回の会合が開催され、「党名案募集」の記者発表をしました。
なお、党名検討チームのメンバーは、民主党側からは赤松広隆衆院議員と私、維新の党側からは江田憲司、柿沢未途両衆院議員です。

国民から幅広く叡知を集めるとともに、ぜひ関心を持っていただき、国民に開かれた政党としてスタートさせていただきたい、との思いです。
募集期間は明日3月4日(金)~3月6日(日)の3日間。
民主党のホームページに「党名案募集」の告知バナーが、今晩0時に掲載される予定ですので、入力フォームからご応募ください。
【民主党HP】 https://www.dpj.or.jp/
なお、FAXによるご応募の場合は 03-3595-9994 です。

党名検討チームでは、応募いただいた党名案を参考にさせていただき、党名決定の重要な材料としたいと考えています。
ぜひ、たくさんの皆様のご応募をお待ちいたしております。


03/01

2016

「第1回新党協議会に出席。」


こんにちは。
今日は新党協議会の第1回目の会合が開催され、新党名検討チームの私も出席しました。
新党の結成大会が3月27日と決まり、あまり時間がありません。準備のことを考えると、3月上旬頃には結論を出さなくてはなりません。連日の急ピッチの作業になりそうです。

さて、 昨日の全国幹事長会議では「民主党に誇りも愛着もある」という意見が相次いで表明されました。しかしながら、同時に「代表や執行部の決断を了とする」との声も大多数を占めました。
この数年間の厳しい時期を経て、いい集団になったなあ、と感じました。だからこそ、長年、見守り、支えてくださった党員や支援者、地方議員の皆さん、そして多くの国民に、再度期待を持っていただけるような政党にしなくてはいけません。

一方、一昨日は、京都北部で3ヶ所の国政報告会を開催し、枝野幸男幹事長に来ていただきました。京丹後市、与謝野町、綾部市ともに会場はいっぱいで、多くの方々のご参加いただきました。感謝です。
私からは、これまでの北部での取り組みや今後に向けた決意と変わらぬご支援を訴えました。

また、同日、京都市内で行われた泉健太衆議院議員の「春の集い」も大盛況でした。
4月の補欠選挙に予定候補として公認が決まり、泉氏から「政治の信頼を取り戻す戦いにしたい」との決意表明がありました。
連日、多くの人々の力を借りながら、忙しい日々を送っています。


02/27

2016

「党名検討チームの一員に。明日、枝野幹事長京都北部へ。」


こんにちは。

昨日、民主党と維新の党の党首会談が行われ、3月中の新党結成を目指すことを確認しました。
今後、様々な準備を進めていくために新党協議会が設置されましたが、その下で党名等を検討するチームのメンバーに私も選任されました。

安倍政権による一強多弱の政治は、国民の中に不安や怒りを高めています。
アベノミクスの限界は、株式市場の乱高下やマイナス金利、実質賃金の引き続きの低下など、いよいよ露呈し始めました。昨年の安保法案の強行採決や報道への介入など「アベ政治を許さない」という市民の声も徐々に大きくなっています。
今の政治状況を打破して、再び対峙できる政治勢力の結集のために、両党の合流を岡田代表が決断されました。

私は、民主党で活動をして20年になります。
京都の皆さんに育てていただき、野党13年を経て、政権交代まで実現させていただきました。その後、残念ながら下野しましたが、もちろん、民主党に誇りを持ち、民主党という党名に愛着もあります。
しかし、大きな方向として、この選択を受け入れました。
ぜひご理解いただきたく思います。

そんな折、明日は、京都の北部に枝野幸男幹事長が来られることになりました。
以下の3ヶ所で国政報告会を実施します。
11:00~12:00 京丹後市峰山町プラザホテル吉翠苑
13:30~14:30 与謝野町商工会館
15:30~16:30 綾部市市民センター
もしお時間があれば、ご参加ください。



2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る