08/22

2017

「現在の心境についてお伝えします。」


民進党代表選挙が昨日8月21日から始まりました。

何人かの党員、サポーターの皆さんから「福山はどうするのか」「どう態度を表明するのか」という問い合わせをいただいています。
今回の代表選挙に関しては、いまだ熟考中です。

2015年、16年に続き3年連続の代表選挙になりました。
岡田代表、蓮舫代表のもとで、ともに幹事長代理として仕えました。そのお二人を、それぞれ支えきれなかったことの責任を強く感じています。
党の信頼は回復するどころか、失望が広がり、批判の声が大きくなってきているような気がしています。

一方で、このこととは全く異なる想いもあります。
今回、立候補を表明されている前原誠司さんと枝野幸男さん(年齢順)への大きな期待です。

私はお二人とは、新党さきがけ、民主党、民進党と20年以上にわたってずっと同じ政党で活動を続けてきました。

前原さんとは1995年からさきがけ、京都の民主党を立ち上げ、ともに政権交代を目指して歩んできました。自民党や共産党が強かった京都で、党勢が厳しい時も、この国のために働きたい、という一心で一緒にがんばってきました。過去の前原さんの代表選挙は負け戦も含めて、微力ながらすべて応援をさせていただきました。今回も同様の思いです。前原国交大臣時代、私は外務副大臣として現在の観光政策につながる仕事をお手伝いしました。常に私の前を歩かれていた尊敬する先輩であり同志です。京都の仲間としては、前原さんにがんばっていただきたい気持ちです。

かたや枝野さんは、日本新党、さきがけ時代から若くして大変な論客で、薬害エイズでの活躍は私にとって憧れの存在でした。そして、あの東日本大震災の際には、官房長官-官房副長官として原発事故、被災地支援に寝食を忘れて不眠不休で取り組みました。厳しい時間でしたが、この人が官房長官でよかった、と何度思ったかわかりません。野党転落以降、枝野幹事長のもと、私は政調会長、幹事長代理として、ともにもがき苦しんできました。信頼は揺らぎません。

私にとっては、お二人はどちらも安倍政権に対峙する民進党の代表にふさわしいと思います。失礼な言い方をすれば、どちらが先に代表になっていただいてもいい。
私にとってはこの二人のどちらかを選択せよ、とは、かなり酷なことです。何度も自問自答を繰り返していますが、なかなか答えは出てきません。

かつて民主党が、鳩山さん-菅さんの二人で国民の期待を集め、政権交代まで至ったように、今度は、前原さん-枝野さんがガッチリ手を組んで、二枚看板で再出発していただければ、民進党は落ち着くし、安定すると考えています。お二人なら民主党政権の失敗を反省し、糧としていただけると思います。

保守対リベラルの戦いなどとマスコミは言いますが、ナンセンスです。
二人の幅と奥行きがあって、民進党は初めて国民政党、政権政党足りうるのです。

また、新鮮味がない、などと言うマスコミもいますが、これもおかしい。
安倍総理や麻生財相はいったい何度目の登場でしょうか。

前原さんも枝野さんも安倍政権の閣僚に一歩も引けを取りません。
だからこそ、お二人が手を携えて民進党を再生し、来たるべき総選挙に臨んでほしい、と考えています。

安倍政権の支持率が落ちる中、民進党への叱咤激励を含む期待は少なからず存在しています。先般の仙台市長選挙や横浜の市議補欠選挙ではいずれも自民党系候補に勝ちました。

党内の代表選挙とはいえ、選挙はヒートアップします。それでも、お二人が冷静に党全体のことを考え、安倍政権と対峙する未来ビジョンを語り、国民の期待を集めるために、ともに協力していけるような代表選になることを切に願っています。

投票する我々も代表に責任を求めるだけでなく、我々自身が党のために何ができるか、何をしなければならないかを自省し、代表を支えていかなければならないと思います。
それは、民進党のためだ、とかいう小さな話ではありません。信頼される野党第一党が存在することが、国民のため、緊張感ある日本の政治を創るために必要なことだと信じます。

言葉足らずですが、困難な選択に苦慮している、現在の心境を報告させていただきました。党員サポーターの皆様、広く福山に関心を持っていただいている皆さまのお声を頂戴し、これからの代表選挙期間を通じて、判断していきます。

昨日の代表選候補者お二人の共同記者会見は、こちらでご覧頂けます。
https://www.minshin.or.jp/article/112470/


07/04

2017

「閉会中審査」


こんばんは。

都議選で自民党は大敗しました。
先週、私も都議選の応援でバタバタでした。

火曜日の夜、稲田防衛相の自衛隊を政治利用するトンデモナイ発言が出て、急きょ、夜の11時頃にTBSぶら下がり取材を受けたりしました。「即刻辞任するべきだ」と申し上げましたが、いまだに辞めずにグズグズしています。
その後、下村氏の週刊誌報道や二階幹事長のマスコミ批判とたて続きにいろいろありました。

野党は、この間、憲法にもとづいて臨時国会の召集を求めています。
今日、与野党国対委員長会談が開催され、やっと閉会中審査に応じるかと思いきや、驚くべきことに、自民党側の提案は、安倍総理が海外で不在の時に開会しようというものでした。それも予算委員会ではなく、文科委員会と内閣委員会の連合審査でした。つまり、安倍総理も稲田防衛相もいないということです。
当然、野党は拒否しました。あきれるばかりです。安倍総理はいつまで逃げ回るつもりなのでしょうか。また、本当に都議選の大敗の反省をしているのでしょうか。これで国民が納得すると思っているのでしょうか。驚きました。
国会と国民をないがしろにしている態度は、まったく変わっていません。

と、
ここまで書いてきたところで、新たな動きがあったとの連絡が入りました。
連合審査の状況を見て総理出席の集中審議を考える、と自民党が譲歩してきたということです。
その結果、10日に衆議院内閣・文科両委員会の連合審査会を行うことで合意されました。

もちろん、アリバイのように1回開催したところで、おさまることはありません。
変わらず、総理出席を求め続けます。


06/27

2017

「週末動向あれこれ」


こんばんは。

先日、安倍総理は、加計学園問題について、「今治市だけに限定する必要は全くありません。すみやかに全国展開を目指したい。地域に関係なく2校でも3校でも、意欲あるところにはどんどん獣医学部の新設を認めていく」と、トンチンカンな、これまでと全く異なる発言をして批判にさらされています。
一校に限定したのは法令に従って適切な手続きではなかったのか?文科省も農水省も獣医は不足していない、との認識だったのではなかったか?
今までの説明にも無理があるから、弁解がましいことを言っても、かえって矛盾が露呈するだけです。総理は場外ばかりで発言するのではなく、早く国会を開いて説明するべきです。

さて、ここ数日間は、都議選の応援と地元日程を精力的にこなす毎日を過ごしています。

土曜は、午前中に都議選2候補、新宿区の青地まみさん、渋谷区の浜田ひろきさんのところで応援。
午後は京都で、私が長年のファンであり、友人のタレントで書家の越前屋俵太さんの「越前屋俵太を観る会・『想定外を楽しむ方法』出版記念イベント」に聴衆の一人として参加。懐かしい映像がたくさん紹介され、あっという間に時間が過ぎ、楽しく、笑い、そして人生を考える会でした。
その後、京都府バスケットボール協会総会に出席。バスケットボール発祥の地、京都は、今とても盛り上がっています。Bリーグができ、京都ハンナリーズが活躍、昨年国体では少年の部男子で優勝。私も、超党派「バスケットボール議員連盟」副会長として、微力ながら応援しています。

日曜は北神圭朗衆議院議員の囲む会があり出席、大盛会でした。おめでとうございます。

月曜は、朝の街頭から都議選の応援に。今度は大田区の沢田大作さんのところへ。
午後は京都に戻り、京都府身体障害者団体連合会の年次総会に会長として出席。
新年度を迎え、新役員で新たにスタートします。

今週は都議選のラストスパートです。

170626fushinren


06/23

2017

「沖縄全戦没者追悼式」


こんにちは。
昨日の午後から沖縄に来ています。

政権時から毎年、沖縄全戦没者追悼式に出席するように心がけています。昨年も自分の参議院選挙でしたが、式典に出席しました。
先の大戦における、我が国唯一の地上戦で、20万人以上が犠牲になられた凄惨な沖縄戦を忘れてはならないと思います。

永田町では、自民党の2期生議員が秘書への暴行、暴言で離党したとの報道が流れています。すぐに離党したということは、週刊誌に掲載された内容が事実だと認めたことになります。
失言、スキャンダル、暴行、またもや自民党2期生議員です。

一方、野党4党は、幹事長・書記局長会談で憲法53条に基づき臨時国会の早期召集を求めました。政府与党は逃げずに開会するべきです
今日の夕刻より前川前文科次官の記者会見が予定されています。どんな内容になるのか、注視していきたく思います。


06/20

2017

「新しい文書」


新しい文書が出てきました。
昨日のNHK「クローズアップ現代」で、文科省が作成した新しい文書の存在が明らかになりました。
先週の再調査からわずか3日あまり、驚きです。

今朝の会見で文科大臣は早々にこの文書の存在を認めました。
内容は、
「10/21萩生田副長官ご発言概要」
「官邸は絶対やると言っている」
「総理は平成30年4月開学とおしりを切っていた」
「加計学園事務局長を浅野課長のところにいかせる」
等々、生々しく萩生田副長官が語っていたであろう内容がつづられています。

党のプロジェクトチームでも大紛糾しました。
これを読むだけでも、総理の強い意向と「はじめに加計学園ありき」で進められたことが見受けられます。
萩生田副長官自身は否定していますが、にわかには信じられません。

「新しい事実が出てくれば、集中審議も」と先週末自民党の幹部が発言。当然集中審議を求めます。
文科省と内閣府の説明や発言が食い違い、官邸とも齟齬が生まれ始めました。虚偽に虚偽を重ねた結果です。
まさか、数日後に萩生田官房副長官が責任を取り、トカゲのしっぽ切りで事を収めることなどないように、しっかりとした監視が必要です。



2021年3月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


民主主義が
一度もなかった国・日本

宮台 真司 福山 哲郎(幻冬舎)
重版決定!

Amazon.co.jp で詳細を見る