プロフィール

ご挨拶

 

いつもご支援を賜わり、誠にありがとうございます。
長年にわたる京都の皆様のお支えのおかげさまで怒濤のような4期目を過ごすことができました。

政治家としての最大のトピックは、やはり立憲民主党の結党に参画し、その後4年間、幹事長として懸命に走り続けたことでした。勝ち続けた統一地方選、参院選、都議選、そして議席を減らした総選挙。全国を駆け巡りました。一方、国会では本会議登壇は10回、委員会質問は50回に及びました。ほとんどがテレビ中継の中、緊迫した時間でした。

この2年間、コロナの感染拡大が暮らし、経済に大きな影響を与えました。検査が増えなかったこと、アベノマスク等々、政府への不信感が募り、自粛に伴う補償措置も後手に回り、政府の機能劣化が顕在化しました。特措法の改正、検査の拡大、雇用調整助成金、休業支援金、学生や困窮者支援等々の提案を与党との党首会談、幹事長会談等を通じて強く要求し、一部を実現してきました。

地球規模では気候変動問題の一層の顕在化、東アジアの安全保障環境の変化、中国の台頭等々、課題が山積しています。残念ながら日本の外交力、プレゼンスの低下が顕著です。

そして森友、加計学園問題に象徴される国会での文書改ざんや虚偽答弁、各省庁の統計の書き換え、政治とカネの問題等々、この間、政府・与党の不祥事が頻発し、政治への信頼が失墜しました。「まっとうな政治」を求め続けたいと思います。

先般、総選挙は終わりましたが、日本内外の諸課題が解決したわけではありません。
微力ながら、政治家として京都、日本、そして世界のために力を尽くす思いはいささかも変わりません。足下だけでなく、未来の課題にも果敢に立ち向かっていきたいと考えています。

今後とも温かいご指導をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2022年1月吉日

福山哲郎

福山哲郎(ふくやま てつろう)

1962年1月19日生まれ。O型・寅年

学歴

1981年京都府立嵯峨野高等学校卒業
1986年同志社大学法学部法律学科卒業
1995年京都大学大学院法学研究科修士課程修了

経歴

1986年大和證券株式会社入社
1998年・2004年参議院選挙・京都選挙区で2回連続のトップ当選を果たす。
2003年学校法人瓜生山学園理事に就任。
2005年参議院環境委員長に就任。
2008年民主党地球温暖化対策本部 事務総長に就任。
2009年外務副大臣に就任。
2010年内閣官房副長官に就任。参議院議員選挙・京都選挙区で3期目のトップ当選。
2011年内閣官房副長官に再任。
官邸外交、東日本大震災対応に取り組む
参議院外交防衛委員長に就任。
2012年民主党社会的包摂PT会長に就任。
京都府身体障害者団体連合会会長に就任。
2013年学校法人龍谷大学理事に就任。
2014年民主党政策調査会長に就任。
2016年民進党結党、幹事長代理に就任。
参議院議員選挙 京都選挙区で4度目の当選。
2017年参議院震災復興特別委員長に就任。
立憲民主党結党に参画、幹事長に就任。
2020年京都府バスケットボール協会会長に就任。
新「立憲民主党」結党に参画。幹事長に就任。
現在所属政党 立憲民主党(参院会派 立憲民主・社民)
所属委員会 外交防衛委員会 委員、国家基本政策委員会 委員
党務(京都) 立憲民主党京都府総支部連合会 会長
京都府身体障害者団体連合会 会長 学校法人瓜生山学園 理事 京都芸術大学 客員教授 学校法人龍谷大学 理事 京都府バスケットボール協会 会長

<趣味> 茶道・書道・野球
<子どもの頃の夢> 野球選手
<好きな言葉> 「一日を生涯として生きる」

著作

フェイクの時代に隠されていること」(共著)
太田出版 2018年
私の「貧乏物語」―これからの希望をみつけるために」(共著)
岩波書店 2016年
2015年安保 国会の内と外で~民主主義をやり直す~」(共著)
岩波書店 2015年
原発危機 官邸からの証言
ちくま新書 2012年
民主主義が一度もなかった国・日本」(共著)
幻冬舎 2009年

論文等

「新しい政治文化をつくりたい」
月刊「論座」 2002年8月号 朝日新聞社 共著
「民主党参院政審会長の与党はつらいよ日記」
月刊「論座」2007年12月号~2008年8月号 朝日新聞社
「そのとき国会で何が起こったか」
月刊「世界」2014年2月号 岩波書店
「強行「採決」」
月刊「世界」2015年11月号 岩波書店
「政治より先に変わりつつある国民意識阿部政権とのズレ、野党はつけるのか」
月刊「Journalism」2016年3月号 朝日新聞社