08/10

2015

「参院安保特委報告8日目。予算委員会」


こんばんは。

安保法制特別委員会は、礒崎総理補佐官の再度の参考人招致、政府統一見解や要求している資料の提出等を求めて、朝から夕方にかけて断続的に与野党の理事間で厳しい交渉を行いました。
交渉の結果、午前中までに資料の提出に最大限努力するということで、明日は午後1時から一般質疑を野党のみで4時間16分行うこととなりました。

一方、今日は参議院予算委員会で集中審議が開催されました。
民主党からは蓮舫議員が質問に立ち、特に新国立競技場問題について総理を厳しく追及しました。
見直しをどこで誰が検討していたのかを含め決定した経緯、見直しの検討を極秘に進めていたという時期に契約を交わしてしまっていた案件の存在等…不透明な意思決定、責任体制の不明確さが浮き彫りになりました。

また、広島市の平和祈念式典における挨拶について、総理は「非核三原則の堅持」を当然と言いながら、自ら削除したことを認める答弁がありました。それなら長崎でなぜ戻したのか、理由も謝罪もなく、明確な説明もありませんでした。
予算委員会の審議の模様はこちらからご覧ください。

毎日新聞の世論調査では内閣支持率が32%まで下落しました。埼玉県知事選でも自民党県連推薦候補が惨敗。
国民の怒りが結果に表れ出しています。


08/07

2015

「非核三原則について」


こんにちは。
今日は、衆議院の予算委員会集中審議が開催されました。

昨日の広島平和祈念式典での総理挨拶の中で、非核三原則に触れなかった件について、「非核三原則は当然のことで、その考え方に全く揺るぎはない」と答弁し、長崎での挨拶では、非核三原則の文言は「入っている」と明言しました。
なぜ長崎では入れるのに、広島では入れなかったのでしょうか。お粗末の一言です。

もし、官邸内のスタッフが、挨拶の文案を検討する段階で、非核三原則の文言を抜いて提案していたとしたら、大問題です。普通は考えられません。
また、その挨拶原稿を、総理や官邸内の政府高官が、見落とすか、文言を落としたままでいいと判断していたなら、さらに問題です。
さらに、総理の判断で文言を意図的に外したとしたら、それこそ、いくら弁解をしたところで「非核三原則」をないがしろにしたと言わざるを得ません。
そして、長崎の式典での挨拶で改めて文言を入れるとしたら、まさに、広島での挨拶の不備、不注意、配慮のなさを認めたのも同然です。

「非核三原則は当然」などという答弁は、全く説得力がありません。


08/06

2015

「広島原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列。」


こんにちは。
連日の安保特別委員会の審議から離れ、今日は広島にいます。

8月6日 広島の原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列しました。70年の節目にあたり、改めて、原爆の犠牲となられた方々に哀悼の意を表するとともに、今なお後遺症等に苦しんでおられる方々にお見舞いを申し上げます。

今日の暑さは、70年前の朝と同じようだ、と被爆者の方が言われていました。
1945年の暮れまでに約14万人もの尊い命が失われました。あの東日本大震災も約1万5000人の亡くなられた方がいらっしゃいましたが、その10倍です。想像を絶します。

先日の沖縄の式典と同様、安倍総理にヤジが飛びました。これも異例のことです。
「被爆者代表から要望を聞く会」で、広島の被爆者7団体の皆さんから、「憲法違反が明白」として、安全保障関連法案の撤回を求める要望書を安倍総理に手渡されたとのこと。

式典の後、資料館にお伺いしました。何度来ても言葉が出ません。筆舌に尽くしがたい光景と記録が残っています。人間の愚かさと残酷さ、戦争と核兵器の非人道性を感じずにはいられません。
昨日の審議で、今回の後方支援では、核兵器について「法律上は特定の物品の輸送を排除する規定はない」として、法理上、輸送できるという答弁が飛び出しました。日本をどんな国にするつもりなのでしょうか?

式典、資料館の後、広島県被団協主催の死没者追悼式に出席、広島原爆養護ホーム「舟入むつみ園」を慰問しました。

明日は衆議院の予算委員会です。
参議院の特別委員会では、変わらず礒崎補佐官の参考人招致を求めています。


08/05

2015

「参議院HPへのアクセスについてのお知らせ」


こんにちは。

先日の特別委員会における私の礒崎補佐官に対する参考人質疑の際に、参議院インターネット審議中継にアクセスが集中し、映像が見られない状態になりました。
その後もレスポンスが遅い状態が続いていましたが、現在、解消されました。
改めて、質疑の模様をご覧いただければ幸いです。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=3271&type=recorded

さて、安保法制特別委員会は、現在昼休憩中ですが、今日も10時から一般質疑が行われています。
午前中の審議では、民主党の白議員の質問に対して、核兵器・毒ガス兵器の輸送や核ミサイルを積んだ戦闘機・原子力潜水艦への給油について、今回の法文上では排除されていないということを中谷大臣が答弁されました。昨日の「弾薬」にミサイルが含まれる発言と同様の問題です。


08/04

2015

「参院安保特委報告6日目とテレビ出演のお知らせ」


こんばんは。

昨日の礒崎総理補佐官の参考人招致の余震が続いています。
昨夜から今朝にかけて報道にもたくさん取り上げられていたようです。多くの方から激励をいただきました。
連日の審議、今日の委員会でも、補佐官への辞任要求、委員会参考人招致要求が相次ぎました。

今日は総理出席、テレビ入りの7時間の集中審議。民主党からは小川勝也議員、桜井充議員がバッターに立ちました。
元防衛副大臣の小川議員は、米艦防護の事例が極めて蓋然性の低い立法事実だということを、質疑を通じて改めて明らかにしました。
また、桜井議員は、憲法調査会での、かつての安倍総理の発言に言及。憲法前文に対して「日本人の精神に悪い影響を及ぼす」云々や「白々しい文」等と語っていることを指摘。緊張感のある質疑でした。

日々、ホルムズ海峡と米艦防護の事例が、立法事実にならないことが露呈しています。また、後方支援では、今回の改正で他国軍に弾薬が提供できるようになりましたが、武力行使の一体化の疑いが濃厚な案件です。
ナント質疑の中で、この「弾薬」の中には、クラスター爆弾や劣化ウラン弾、そしてミサイルまで含まれるというのです。その理由は消耗品だから、とのこと。訳がわかりません。ミサイルは武器ではないのでしょうか。このような弾薬の提供が武力行使の一体化にならない理由は何なのか。疑問は深まるばかりです。

こんな不誠実な答弁で国民の理解が進むとは到底思えません。
今日の審議は参院HPネット中継(アーカイブ)をご覧ください。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

明日も10時から一般質疑が行われます。
さて、今夜このあと、テレビ出演することになりました。
詳細は以下の通りです。お時間のある方はご覧ください。
◆BS日テレ「深層NEWS」
本日8月4日(火) 22:00~23:00
テーマ「安保で激論 日本の安全どう守る?」
http://www.bs4.jp/shinsou/


2024年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031