11/15

2013

「参議院特別委員会、混乱の幕開け」


こんばんは。
衆議院では、焦点となっている特定秘密保護法案の審議が行われています。また今日は、厚生労働委員会で、社会保障制度改革プログラム法案が強行採決され、与党側の強引な姿勢が目立ちつつあります。

他方、参議院では、国家安全保障特別委員会が動き始めています。私は野党側の筆頭理事として、自らの質問の準備を進めつつ、与党との折衝や野党間の調整をおこなっています。外交防衛委員会の筆頭理事との兼任、特定秘密保護法の党内協議など、大忙しです。

一昨日、とんでもないことがありました。
NSC法案の審議初日、趣旨説明と質疑を行いましたが、ナントその日の朝に、審議中のNSC初代局長の人事が確定したとの報道が出ました。法案がまだ成立していないにもかかわらず、です。
どこから漏れたのか、与党自民党も強く憤り、遺憾の意を表明しました。
委員会では同僚議員からその点を質し、抗議と調査を求めましたが、官房長官は現時点で白紙と述べるにとどまったため、後刻、理事会で協議することとなりました。

ところが、そんなことがあった翌朝の、昨日、局長だけでなく審議官等の幹部人事までの実名を挙げた報道が再びなされました。前日に調査を求めているのに、まったくあきれた状況です。衆議院で特定秘密を審議しているのに、この官邸のダダ漏れさかげんは、笑い話にもなりません。改めて、抗議と調査を強く求めました。

本日、理事懇談会を断続的に開催し、世耕内閣官房副長官から抗議の報告と調査について聴取しました。また、陳謝がありました。
強行採決といい、政府・与党の傲慢な国会運営と緊張感のなさが目立ってきました。

来週も長い一週間になりそうです。


11/08

2013

「参院 国家安全保障特別委員会の筆頭理事に」


こんにちは。

本日の本会議で、参議院に「国家安全保障に関する特別委員会」が設置されました。私が民主党の筆頭理事を務めることになりました。

日本版NSC法案は、昨日の衆議院本会議で、民主党からの修正要求を一部受け入れる形で可決されました。しかし、先日のメルマガで指摘した点などを含め、さらに確認していかなければならない部分もあります。
また、この特別委員会で、問題となっている特定秘密保護法案も審議されることになります。

一方、外交防衛委員会も、障害者権利条約や社会保障協定等々、審議案件が山積しています。
連日の審議になりそうですが、与党はどうさばいていくのでしょうか。充実した審議を求めていくつもりです。


11/07

2013

「温暖化対策目標、驚きの連続でした・・・」


こんにちは。
今日の参議院外交防衛委員会で質問に立ち、来週から始まるCOP19(気候変動枠組条約 第19回締約国会議)の対応について、外務大臣や環境省に問いただしました。

今朝、「2005年度比3.8%減」との報道がありましたが、この目標が、いつ、どこで検討されているのか、全く分からないという驚くべき状況が判明しました。
今年1月に総理から「ゼロベース」での見直しの指示があった後、その議論はどこで行っているのかを尋ねましたが、事務的に調整というのみでした。
温対法上、意思決定は温暖化対策推進本部で行うことになっていますが、1月の総理指示以来、目標について何と一度も開催されていないことが明らかになりました。普通なら考えられないことです。
また、目標についてどこで決めるのかと尋ねたところ「検討中」との答弁でした。COP19があと4日後に始まるというのに、決定内容のみならず、決定する会議についても決まっていないのです。

さらに、今朝の報道では「2005年度比3.8%減で固めた」とされていましたが、外務大臣は「まだ決まっていない」と報道を否定する姿勢に終始しました。

この「2005年度比3.8%減」は「1990年比約3%増」であり、2012年まで京都議定書の下で、「1990年比6%減」の約束を実行してきた日本が、それに比し、CO2排出を3%も増やしますと、世界に向かって宣言するのでしょうか。これも驚くべきことです。

民主党政権で、私が外務副大臣をしていたときに、COPの政府代表団に参加してもらった経団連や連合、NGO・市民団体を代表団から外していたことも明らかになりました。

この目標を話し合う、経済産業省と環境省の審議会も10月にストップしたままです。誰が決めているのかもわからず、密室の中で決められようとしています。気候変動問題に長く関わってきた私としては、この不誠実な対応に怒りを通り越して、あきれてしまいます。
世界中で気候変動による異常気象が頻発しており、また、日本においても台風や竜巻等々で被害が出ており、政府の無関心さに猛省を求めていきたいと思います。


11/07

2013

「本日、委員会で質問」


おはようございます。
今日も朝イチから党内部門会議に出席し、特定秘密保護法案について政府からのヒアリングを行いました。

さて、本日、参議院外交防衛委員会で質問に立つことになりました。
11時からの45分間で、いわゆるマルチ3条約の質疑に加えて、目前に迫ったCOP19や世界基金増資会合への政府の対応ぶりについて質す予定です。
参議院HPから視聴可能です。

この委員会の開催にあたっては、自民党側の強行な動きがありました。
詳細については触れませんが、与野党の信頼関係を崩すようなことをすべきではないと考えます。

 


11/01

2013

「NSC法案、修正案を提出」


こんにちは。国会では毎日忙しく過ごしています。

本日、民主党として、国家安全保障会議設置法案に対する修正案を衆院NSC特別委員会に提出しました。

政府案については以下のような課題があります。
〇指揮・命令系統の明確でない首相補佐官が安全保障の関係で存在することで、逆に、情報の流れが悪くなる懸念がある
〇国家安全保障局長と、災害や緊急事態にあたる危機管理監との関係が極めて曖昧である
等々があり、与党を経験し、特に、私は官邸で尖閣諸島をめぐる事案や東日本大震災等の対応にあたったことを踏まえ、NC外務担当として修正案の検討に加わりました。
その結果、以下のような案を提出するに至りました。

<修正案のポイント>
(1)安全保障及び危機管理を担当する内閣官房副長官を置き、その下に内閣安全保障危機管理監を新設する。安全保障に関する首相補佐官は置かない。
(2)各省からの国家安全保障会議への資料提供等の協力義務を明確にする。
(3)国家安全保障会議の議事録を作成する。
(4)NSCへの諮問事項について、現行法で「内閣総理大臣が必要と認めるもの」となっているものは引き続き同様の扱いとする。

今後、我々は情報公開の重要性も含め、上記の修正を求めています。
今日午後から与野党の修正協議が始まっています。


2024年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031